2015年10月09日

世界のイカ水揚げ量ベスト10

2013年の世界のイカの水揚げ量ベスト10をご紹介します!  和食や中華料理には欠かせないイカは、その見た目や食感から敬遠する欧米人が少なくありません。また、ユダヤ教やキリスト教の一部宗派では「鱗とヒレのない魚は食べてはならない」という戒律があるため、食べる事はできないそうです。日本語ではイカと一括りにしますが、英語では甲イカの類は「cuttlefish」、ヤリイカやスルメイカの類は「squid」と呼び分けています。また、甲イカの墨を顔料として使用していましたが、甲イカをギリシャ語でセピアと呼んでいたことから黒褐色の事をセピア色と言うようになりました。
イカの水揚げ量第1位は中国で、世界の水揚げ量のおよそ28%を占めています。中国でも漢字では烏賊と書きますが、甲イカは墨魚と表記します。第5位のアルゼンチンは、アルゼンチンマツイカの産地として有名で、アルゼンチンで水揚げされるイカの99%がマツイカです。以前は日本からもイカ釣り漁船が漁に出向いていましたが、現在は冷凍で多数輸入されています。
1位 China.png 中国 916,104 t
2位 Peru.png ペルー 467,672 t
3位 South-Korea.png 韓国 264,798 t
4位 Japan.png 日本 221,711 t
5位 Argentina.png アルゼンチン 191,838 t
6位 Indonesia.png インドネシア 159,330 t
7位 Taiwan.png 台湾 130,296 t
8位 United-States.png アメリカ 120,001 t
9位 Thailand.png タイ 115,940 t
10位 Chile.png チリ 106,286 t
出典: FAO
◆◆◆◆ こちらの記事もご覧下さい! ◆◆◆◆
∴ 世界のマグロ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のサンマ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のカツオ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のタコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のエビ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のウニ・ナマコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のウナギ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のフグ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のマグロ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のウナギ(養殖)の水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のウナギ(天然)の水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のシジミ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のイカ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のタコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のサンマ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のカキ(牡蠣)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のカツオ水揚げ量ベスト10 ∴
posted by なんでもベスト10 at 03:51 | TrackBack(0) | 世界 | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

世界のカツオ水揚げ量ベスト10

2013年の世界のカツオの水揚げ量ベスト10をご紹介します!  日本では生で食べる機会の多いカツオですが、海外ではツナ缶としてマグロの代用にされる事が多い魚です。英語でも「skipjack tuna」と言われ、マグロの一種と認識されています。
カツオの水揚げ量第1位はインドネシアで、2006年にそれまで長年首位だった日本を追い越しました。カツオを燻製にしたチャカラン・フフは、スラウェシ島北部に住むミナハサ族伝統の保存食です。10位のモルジブはインドの南に位置する小さな島々から成り、世界で最も魚介類を食べる国です。また、面積が狭い事から牧畜が盛んではないため、カツオはカレーの具材として欠かすことはできません。モルジブでは日本の鰹節(カビ付けをしない荒節)と似たような「モルジブフィッシュ」が14世紀頃から作られていて、今では日本に鰹節を輸出しています。
1位 Indonesia.png インドネシア 447,276 t
2位 Japan.png 日本 270,054 t
3位 United-States.png アメリカ 231,189 t
4位 Philippines.png フィリピン 212,230 t
5位 South-Korea.png 韓国 201,586 t
6位 Ecuador.png エクアドル 198,656 t
7位 Spain.png スペイン 196,999 t
8位 Taiwan.png 台湾 193,441 t
9位 Papua-New-Guinea.png パプアニューギニア 135,429 t
10位 Maldives.png モルジブ 74,421 t
出典: FAO
◆◆◆◆ こちらの記事もご覧下さい! ◆◆◆◆
∴ 世界のマグロ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のサンマ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のイカ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のタコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のエビ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のウニ・ナマコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のフグ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のウナギ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のマグロ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のウナギ(養殖)の水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のウナギ(天然)の水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のシジミ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のイカ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のタコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のサンマ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のカキ(牡蠣)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のカツオ水揚げ量ベスト10 ∴
posted by なんでもベスト10 at 03:14 | TrackBack(0) | 世界 | 更新情報をチェックする

2015年10月06日

世界のサンマ水揚げ量ベスト10

2013年の世界のサンマの水揚げ量ベスト10(ベスト8)をご紹介します!  サンマ科のサンマ(日本近海で獲れるサンマ)と、大西洋で獲れるニシサンマ、ハシナガサンマの3種類の水揚げ量です。サンマの統計を取っている国が漁獲量ゼロの国を除いて8ヶ国しかないため、全ての国を挙げています。
サンマの水揚げ量第1位は台湾で、2013年に初めて日本を追い越しました。台湾では日本食ブームのおかげでサンマの消費量が近年激増しており、高雄のファミリーマートではサンマ弁当も登場しています。日本で用いられるようになった漢字の「秋刀魚」が台湾でも使われています。日本に回遊する前の脂ののっていないサンマを獲る事も多く、また船上で冷凍されるため、味は日本のサンマよりは劣るようです。日本は中型漁船で捕獲する一方、台湾は大型漁船で大量に捕獲しており、資源管理の観点から今後漁獲枠の設置が検討されています。第4位の韓国では、缶詰がよく食べられています。日本ではかば焼きの缶詰が多いですが、韓国では塩で煮た物や、キムチチゲ用に下味の付いた缶詰も売られています。
1位 Taiwan.png 台湾 182,619 t
2位 Japan.png 日本 149,200 t
3位 Russia.png ロシア 47,212 t
4位 South-Korea.png 韓国 23,355 t
5位 Chile.png チリ 8,094 t
6位 Spain.png スペイン 449 t
7位 Ecuador.png エクアドル 3 t
8位 Portugal.png ポルトガル 1 t
出典: FAO
◆◆◆◆ こちらの記事もご覧下さい! ◆◆◆◆
∴ 日本のサンマ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のマグロ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のカツオ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のイカ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のタコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のフグ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のエビ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のウニ・ナマコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のウナギ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のマグロ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のウナギ(養殖)の水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のウナギ(天然)の水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のシジミ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のイカ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のタコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のカキ(牡蠣)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のカツオ水揚げ量ベスト10 ∴
posted by なんでもベスト10 at 02:40 | TrackBack(0) | 世界 | 更新情報をチェックする

2015年10月02日

日本のカツオ水揚げ量ベスト10

2014年の日本のカツオ水揚げ量ベスト10をご紹介します!  カツオは身が「堅い魚」の「カタウオ」が転じてカツオと呼ばれるようになったといい、漢字では魚偏に堅いと書きます。春のカツオは「初鰹」、秋のカツオは「戻り鰹」と言われ、特に戻り鰹は脂がのっているためトロ鰹として販売するお店もあります。
カツオの水揚げ日本一は、静岡県です。焼津市は国内有数のカツオの水揚げ港で、昔ながらの製法で作った「焼津鰹節」が有名です。また西伊豆町では、塩蔵カツオを干した「しおかつお」が古くから製造されており、お茶漬けやうどんにとてもよく合います。カツオと言えば高知と思う方が多いと思いますが、水揚げ量は第4位に留まっています。一本釣りが有名ですが、実は一本釣りカツオの漁獲量日本一は宮崎県です。カツオのたたきは高知発祥とされ、カツオと人間を合わせたゆるキャラ「カツオ人間」は、キモかわいいと密かな人気になったいるそうです。
1位 静岡県 83,600 t
2位 三重県 30,200 t
3位 東京都 28,700 t
4位 高知県 21,600 t
5位 宮城県 17,800 t
6位 鹿児島県 13,900 t
7位 宮崎県 13,800 t
8位 新潟県 11,100 t
9位 長崎県 10,500 t
10位 鳥取県 8,300 t
出典: 農水省
◆◆◆◆ こちらの記事もご覧下さい! ◆◆◆◆
∴ 世界のマグロ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のサンマ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のカツオ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のイカ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のタコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のエビ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のウニ・ナマコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のウナギ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のフグ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のマグロ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のウナギ(養殖)の水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のウナギ(天然)の水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のシジミ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のイカ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のタコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のサンマ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のカキ(牡蠣)水揚げ量ベスト10 ∴
posted by なんでもベスト10 at 02:44 | TrackBack(0) | ║  ╠═ 日本 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。