2015年10月15日

世界のウナギ(天然)水揚げ量ベスト10

2013年の世界のウナギ(天然)の水揚げ量ベスト10をご紹介します!  ウナギは日本や朝鮮半島で獲れるニホンウナギ(アンギラ・ジャポニカ種)の他、東南アジアのビカーラウナギ(アンギラ・ビカーラ種)、ヨーロッパウナギ(アンギラ・アンギラ種)、アメリカウナギ(アンギラ・ロストラータ種)、アフリカのモザンビークウナギ(アンギラ・モザンビカ種)など、20種類ほどの存在が知られています。
天然ウナギの水揚げ量第1位はインドネシアで、世界の水揚げ量のおよそ26%を占めています。第2位はフィリピンで、この2ヶ国で天然ウナギに関しては世界の漁獲量の約半分になります。この2ヶ国ではビカーラウナギが獲れ、ニホンウナギと味も似ているとのことです。現地では唐揚げやスープにして食べますが、あまり丁寧に下処理しないため、若干生臭みが残るそうです。第6位のイギリスでは、ウナギはぶつ切りにして「ゼリー寄せ」にして食べられています。ロンドン・イーストエンドの名物ですが、こちらも舌の肥えた日本人には不評のようです。
1位 Indonesia.png インドネシア 2,939 t
2位 Philippines.png フィリピン 2,489 t
3位 New-Zealand.png ニュージーランド 1,031 t
4位 France.png フランス 696 t
5位 Egypt.png エジプト 662 t
6位 Canada.png カナダ 428 t
6位 United-Kingdom.png イギリス 428 t
8位 United-States.png アメリカ 423 t
9位 Sweden.png スウェーデン 361 t
10位 Denmark.png デンマーク 331 t
出典: FAO
◆◆◆◆ こちらの記事もご覧下さい! ◆◆◆◆
∴ 世界のマグロ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のサンマ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のカツオ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のイカ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のタコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のエビ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のウニ・ナマコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のフグ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のマグロ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のウナギ(養殖)の水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のウナギ(天然)の水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のシジミ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のイカ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のタコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のサンマ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のカキ(牡蠣)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のカツオ水揚げ量ベスト10 ∴
posted by なんでもベスト10 at 02:17 | TrackBack(0) | 世界 | 更新情報をチェックする

2015年10月13日

世界のウニ・ナマコ水揚げ量ベスト10

2013年の世界のウニ・ナマコの水揚げ量ベスト10をご紹介します!  ウニは日本独特の食べ物と思う方も多いと思いますが、意外と多くの地域で食べられています。イタリアでは生のままレモンを絞って食べたり、パスタソースにも使われます。ニュージーランドではキナとよばれ、マオリ族伝統の御馳走です。また、ナマコは中国では干しナマコが高級食材として珍重されるほか、漢方薬としても使われています。
ウニ・ナマコの水揚げ量第1位はチリで、世界の水揚げ量のおよそ27%を占めています。チリでは生のウニにタマネギ、オリーブオイル、レモンを添えて食べるのが一般的です。チリには日本ハムの関連の冷凍ウニ工場があり、日本へも多く輸入されています。第9位にはスリランカ、第10位にはマダガスカルがランクインしています。共に近年漁獲量が増えていますが、中国向けにナマコ漁が盛んになったものと思われます。
1位 Chile.png チリ 30,455 t
2位 Japan.png 日本 18,813 t
3位 Russia.png ロシア 12,560 t
4位 Canada.png カナダ 9,269 t
5位 United-States.png アメリカ 8,919 t
6位 Mexico.png メキシコ 6,854 t
7位 South-Korea.png 韓国 5,203 t
8位 Indonesia.png インドネシア 4,390 t
9位 Sri-Lanka.png スリランカ 3,570 t
10位 Madagascar.png マダガスカル 2,561 t
出典: FAO
◆◆◆◆ こちらの記事もご覧下さい! ◆◆◆◆
∴ 世界のマグロ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のサンマ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のカツオ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のイカ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のタコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のエビ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のフグ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のウナギ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のマグロ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のウナギ(養殖)の水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のウナギ(天然)の水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のシジミ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のイカ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のタコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のサンマ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のカキ(牡蠣)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のカツオ水揚げ量ベスト10 ∴
posted by なんでもベスト10 at 02:58 | TrackBack(0) | 世界 | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

世界のエビ(天然)水揚げ量ベスト10

2013年の世界のエビ(天然)の水揚げ量ベスト10をご紹介します!  世界のエビの水揚げは1969年に100万t、1991年に200万t、2003年に300万tを超え、増加傾向にありましたが、300万tを超えて以降は横ばいになっています。日本はかつて世界最大のエビの消費国と言われ ていましたが、アメリカと中国でのエビの消費が旺盛なため、今は第3位の市場と言われています。この統計は海に生息するエビのみが対象で、伊勢海老やロブスターなど大型のエビ、シャコ類、オキアミ類は含んでいません。
エビの水揚げ量第1位は中国で、世界の水揚げ量のおよそ37%を占めています。エビを使った中華料理の代表格、エビチリですが、漢字で書くと2種類あります。「干焼蝦仁」は、むき身のエビを使ったエビチリ、「干焼明蝦」は大き目の殻付きのエビを使ったエビチリですので、注文の際は要注 意です。第5位のカナダと第9位のグリーンランドは、ホンホッコクアカエビの二大産地で、カナダでは漁獲漁の95%、グリーンランドでは100%を占めます。日本では冷凍甘エビとして流通していますが、甘エビ(ホッコクアカエビ)とは近縁種に当たるそうです。
1位 China.png 中国 1,257,112 t
2位 India.png インド 390,119 t
3位 Vietnam.png ベトナム 266,026 t
4位 Indonesia.png インドネシア 240,290 t
5位 Canada.png カナダ 148,816 t
6位 United-States.png アメリカ 128,372 t
7位 Malaysia.png マレーシア 108,010 t
8位 Argentina.png アルゼンチン 100,715 t
9位 Greenland.png グリーンランド 92,167 t
10位 Mexico.png メキシコ 67,347 t
出典: FAO
◆◆◆◆ こちらの記事もご覧下さい! ◆◆◆◆
∴ 世界のマグロ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のサンマ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のカツオ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のイカ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のタコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のウニ・ナマコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のウナギ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のフグ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のマグロ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のウナギ(養殖)の水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のウナギ(天然)の水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のシジミ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のイカ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のタコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のサンマ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のカキ(牡蠣)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のカツオ水揚げ量ベスト10 ∴
posted by なんでもベスト10 at 03:25 | TrackBack(0) | 世界 | 更新情報をチェックする

2015年10月10日

世界のタコ水揚げ量ベスト10

2013年の世界のタコの水揚げ量ベスト10をご紹介します!  日本ではかわいいイメージもあるタコですが、バイキングの信仰していた北欧神話では、タコに似た クラーケン という怪物が船を襲い船乗りを腕で引きずり込むという伝説があり、末裔であるゲルマン人やケルト人、アングロサクソン人はタコを積極的に食べる事はしませんでした。ドイツ語では、今でもタコの事を「クラーケンKraken」と呼んでいます。
タコの水揚げ量第1位は中国で、世界の水揚げ量のおよそ33%を占めています。意外ですが中国ではタコを食べる文化はなく、外国料理店で使われたり輸出されています。第5位のモーリタニアには大西洋に豊かな漁場がありますが、タコを獲る食べる習慣はありません。日本の技術援助を受けて本格的なタコ漁を始め、1973年には100t程しかなかった漁獲量が翌年には13,000tを超えました。第6位の韓国では、タコの踊り食い「サンナクチ」が有名ですね。小型のテナガダコの足をぶつ切りにして、ゴマ油に付けていただきます。喉に吸盤が張り付く事があるそうなので、食べる時には注意が必要です。
1位 China.png 中国 116,828 t
2位 Morocco.png モロッコ 57,987 t
3位 Japan.png 日本 33,400 t
4位 Mexico.png メキシコ 24,847 t
5位 Mauritania.png モーリタニア 24,266 t
6位 South-Korea.png 韓国 16,689 t
7位 Spain.png スペイン 12,075 t
8位 Portugal.png ポルトガル 11,750 t
9位 Indonesia.png インドネシア 9,998 t
10位 Thailand.png タイ 8,771 t
出典: FAO
◆◆◆◆ こちらの記事もご覧下さい! ◆◆◆◆
∴ 世界のマグロ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のサンマ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のカツオ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のイカ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のエビ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のウニ・ナマコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のフグ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のウナギ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のマグロ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のウナギ(養殖)の水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のウナギ(天然)の水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のシジミ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のイカ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のタコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のサンマ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のカキ(牡蠣)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のカツオ水揚げ量ベスト10 ∴
posted by なんでもベスト10 at 04:20 | TrackBack(0) | 世界 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。