2015年11月01日

韓国の自動車販売数ベスト10

2014年の韓国の自動車販売数ベスト10をご紹介します!  韓国は自国の自動車産業を保護するため、1988年に自由化されるまでは完成車の輸入を制限し、日本車の輸入に関しては1998年まで禁止していました。現在でも、輸入車には8%(アメリカ製は4%、EU製は5.6%)の関税を掛けており、販売台数では国内メーカーが有利な状況です。韓国には乗用車を生産するメーカーが4社あり、韓国資本が現代自動車と起亜自動車ですが、起亜は1998年に現代自動車の傘下に入りました。外資系としては、旧大宇自動車がGM、旧三星自動車(サムスン)がルノー、双竜自動車(サンヨン)がインドのマヒンドラ&マヒンドラの傘下に入っています。双竜はSUVしか生産していませんので、現代グループ、GM、サムスンルノーの実質3社で競争している事になります。
ランキングを見てみると、10車種中9車種を現代グループが占めています。実際、国内メーカーの販売数における現代グループのシェアは7割を超えており、寡占化が進んでいます。第1位は現代の中型セダン、「ソナタ」が獲得しました。アコードやマークX等と同じクラスで、タクシーにもよく使用されるモデルです。2014年3月にモデルチェンジしましたが、発表後僅か10日で政府に燃費の誇大表示を指摘され、話題になりました。第7位には唯一の海外ブランド、「シボレー・スパーク」がランクインしました。1〜1.2リッタークラスの小型車で、以前は大宇マティスと呼ばれていました。1000ccまでの小型車は韓国では「軽車(キョンチャ)」と呼ばれ、税金の優遇・免除や高速料金や公営駐車場の割引などがあるそうです。
1位 South-Korea.png 現代 ソナタ 108,014 台
2位 South-Korea.png 起亜 モーニング 96,089 台
3位 South-Korea.png 現代 ポーター 95,698 台
4位 South-Korea.png 現代 アバンテ 93,895 台
5位 South-Korea.png 現代 グレンジャー 93,209 台
6位 South-Korea.png 現代 サンタフェ 77,689 台
7位 United-States.png シボレー スパーク 60,500 台
8位 South-Korea.png 起亜 ボンゴ 55,107 台
9位 South-Korea.png 起亜 K3 49,303 台
10位 South-Korea.png 起亜 K5 49,000 台
出典: focus2move
◆◆◆◆ こちらの記事もご覧下さい! ◆◆◆◆
≫ 写真付きで見る ≪
∴ 世界のメーカー別自動車生産台数ベスト10 ∴
∴ 国内乗用車販売数ベスト10 ∴
∴ 国内乗用車販売数(軽除く)ベスト10 ∴
∴ 国内の軽自動車販売数ベスト10 ∴
∴ 国別自動車の生産台数ベスト10 ∴
∴ 国別自動車の販売台数ベスト10 ∴
∴ アメリカの自動車販売数ベスト10 ∴
∴ カナダの自動車販売数ベスト10 ∴
∴ ドイツの自動車販売数ベスト10 ∴
∴ イギリスの自動車販売数ベスト10 ∴
∴ イタリアの自動車販売数ベスト10 ∴
∴ フランスの自動車販売数ベスト10 ∴
∴ 中国の自動車販売数ベスト10 ∴
∴ アラブ首長国連邦の自動車販売数ベスト10 ∴
∴ オーストラリアの自動車販売数ベスト10 ∴
∴ 国内の輸入車販売数ベスト10 ∴
∴ 都道府県別輸入車登録数ベスト10 ∴
∴ 都道府県別自家用乗用車普及台数ベスト10 ∴
∴ 自動車ブランド信頼性ランキングベスト10 ∴
ラベル:交通 工業 アジア
posted by なんでもベスト10 at 04:35 | TrackBack(0) | ║  ╠═ 韓国 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。