2015年10月15日

世界のウナギ(天然)水揚げ量ベスト10

2013年の世界のウナギ(天然)の水揚げ量ベスト10をご紹介します!  ウナギは日本や朝鮮半島で獲れるニホンウナギ(アンギラ・ジャポニカ種)の他、東南アジアのビカーラウナギ(アンギラ・ビカーラ種)、ヨーロッパウナギ(アンギラ・アンギラ種)、アメリカウナギ(アンギラ・ロストラータ種)、アフリカのモザンビークウナギ(アンギラ・モザンビカ種)など、20種類ほどの存在が知られています。
天然ウナギの水揚げ量第1位はインドネシアで、世界の水揚げ量のおよそ26%を占めています。第2位はフィリピンで、この2ヶ国で天然ウナギに関しては世界の漁獲量の約半分になります。この2ヶ国ではビカーラウナギが獲れ、ニホンウナギと味も似ているとのことです。現地では唐揚げやスープにして食べますが、あまり丁寧に下処理しないため、若干生臭みが残るそうです。第6位のイギリスでは、ウナギはぶつ切りにして「ゼリー寄せ」にして食べられています。ロンドン・イーストエンドの名物ですが、こちらも舌の肥えた日本人には不評のようです。
1位 Indonesia.png インドネシア 2,939 t
2位 Philippines.png フィリピン 2,489 t
3位 New-Zealand.png ニュージーランド 1,031 t
4位 France.png フランス 696 t
5位 Egypt.png エジプト 662 t
6位 Canada.png カナダ 428 t
6位 United-Kingdom.png イギリス 428 t
8位 United-States.png アメリカ 423 t
9位 Sweden.png スウェーデン 361 t
10位 Denmark.png デンマーク 331 t
出典: FAO
◆◆◆◆ こちらの記事もご覧下さい! ◆◆◆◆
∴ 世界のマグロ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のサンマ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のカツオ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のイカ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のタコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のエビ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のウニ・ナマコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のフグ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のマグロ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のウナギ(養殖)の水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のウナギ(天然)の水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のシジミ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のイカ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のタコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のサンマ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のカキ(牡蠣)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のカツオ水揚げ量ベスト10 ∴
posted by なんでもベスト10 at 02:17 | TrackBack(0) | 世界 | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/427849595

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。