2015年10月06日

世界のサンマ水揚げ量ベスト10

2013年の世界のサンマの水揚げ量ベスト10(ベスト8)をご紹介します!  サンマ科のサンマ(日本近海で獲れるサンマ)と、大西洋で獲れるニシサンマ、ハシナガサンマの3種類の水揚げ量です。サンマの統計を取っている国が漁獲量ゼロの国を除いて8ヶ国しかないため、全ての国を挙げています。
サンマの水揚げ量第1位は台湾で、2013年に初めて日本を追い越しました。台湾では日本食ブームのおかげでサンマの消費量が近年激増しており、高雄のファミリーマートではサンマ弁当も登場しています。日本で用いられるようになった漢字の「秋刀魚」が台湾でも使われています。日本に回遊する前の脂ののっていないサンマを獲る事も多く、また船上で冷凍されるため、味は日本のサンマよりは劣るようです。日本は中型漁船で捕獲する一方、台湾は大型漁船で大量に捕獲しており、資源管理の観点から今後漁獲枠の設置が検討されています。第4位の韓国では、缶詰がよく食べられています。日本ではかば焼きの缶詰が多いですが、韓国では塩で煮た物や、キムチチゲ用に下味の付いた缶詰も売られています。
1位 Taiwan.png 台湾 182,619 t
2位 Japan.png 日本 149,200 t
3位 Russia.png ロシア 47,212 t
4位 South-Korea.png 韓国 23,355 t
5位 Chile.png チリ 8,094 t
6位 Spain.png スペイン 449 t
7位 Ecuador.png エクアドル 3 t
8位 Portugal.png ポルトガル 1 t
出典: FAO
◆◆◆◆ こちらの記事もご覧下さい! ◆◆◆◆
∴ 日本のサンマ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のマグロ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のカツオ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のイカ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のタコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のフグ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のエビ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のウニ・ナマコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のウナギ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のマグロ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のウナギ(養殖)の水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のウナギ(天然)の水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のシジミ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のイカ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のタコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のカキ(牡蠣)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のカツオ水揚げ量ベスト10 ∴
posted by なんでもベスト10 at 02:40 | TrackBack(0) | 世界 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。