2015年10月01日

難民受け入れ数の多い国ベスト10

2013年の難民受け入れ数の多い国ベスト10をご紹介します!  紛争や政治弾圧などを理由に、祖国を追われる難民問題は、年を追うごとに大きくなっています。近年ではベトナムのボートピープルやルワンダ内戦、ミャンマー軍政による弾圧、イスラム国問題などで、多くの難民が発生していており、2013年における難民の総数は5000万人以上と言われています。
こうした中、多くの国では政府が難民認定をし、正式な居住許可を与えています。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR) によると、2013年には約21万人が各国政府により難民として認定されました(日本政府による認定は7人)。受け入れのトップはアメリカで、毎年多くの難民を各地から受け入れています。第2位のマレーシアは、2000年代に入って多くのロヒンギャと呼ばれるミャンマーからの難民を受け入れています。ロヒンギャはイスラム教を信仰し、バングラデシュとの国境付近に多く住んでいますが、1982年に国籍を取り上げられるなど政府から弾圧を受けています。
1位 United-States.png アメリカ 21,171 人
2位 Malaysia.png マレーシア 14,495 人
3位 Rwanda.png ルワンダ 14,266 人
4位 Turkey.png トルコ 14,160 人
5位 Uganda.png ウガンダ 11,112 人
6位 Germany.png ドイツ 10,915 人
7位 United-Kingdom.png イギリス 9,602 人
8位 France.png フランス 9,099 人
9位 Canada.png カナダ 7,817 人
10位 Sweden.png スウェーデン 7,646 人
出典: UNHCR


ラベル:世界
posted by なんでもベスト10 at 03:06 | TrackBack(0) | 世界 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。