2015年09月19日

日本の人口の多い名字ベスト10

日本の人口の多い名字ベスト10をご紹介します!  名字(苗字)は姓とも言われ、名と共に前を構成する前半の部分です。江戸時代までは一般庶民は名字を持たないものも少なくありませんでしたが、1875年(明治8年)に平民苗字必称義務令が公布され、全ての国民が名字を持つようになりました。
日本で最も多い名字は、「佐藤」です。2015年8月現在、日本の人口が1億2689万人なので、約1.5%、100人に1.5人に当たります。日本の名字は異字体や読み違いも含めて30万種もあると言われているので、1位の名字でも比率はあまり高くないようです。「佐藤」、「伊藤」、「加藤」と、「藤」が付く名字が多いのは、藤原一族を源流としているからです。「渡辺」は、同じ読みでも渡邊や渡邉など、「辺」の字に様々なバリエーションがあります。「邊」が正式な字体、「辺」が1946年(昭和21年)の当用漢字に含まれた新字体、「邉」は書き間違いや誤解などによって広く広まった俗字とされています。
1位 佐藤 1,893,000 人
2位 鈴木 1,424,000 人
3位 高橋 1,424,000 人
4位 田中 1,424,000 人
5位 伊藤 1,084,000 人
6位 渡辺 1,073,000 人
7位 山本 1,065,000 人
8位 中村 1,056,000 人
9位 小林 1,036,000 人
10位 加藤 892,000 人
出典: 名字由来net
◆◆◆◆ こちらの記事もご覧下さい! ◆◆◆◆
∴ 日本の人口の多い一字の名字ベスト10 ∴


ラベル:日本 文化
posted by なんでもベスト10 at 17:13 | TrackBack(0) | ║  ╠═ 日本 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。