2015年09月16日

日本のカボチャ生産量ベスト10

2013年の日本のカボチャ生産量ベスト10をご紹介します!  カボチャは16世紀にポルトガル人によってカンボジアから伝えられました。このカンボジアが訛って変化し、今日のカボチャという名前が一般的に使われるようになりました。また、日本にカボチャを運んでいた交易船が中国の南京に寄港していたことから南京とも呼ばれるようになり、女性が好きな物を表す「芋栗南京」として今でも使われています。
カボチャの生産量日本一は北海道で、国内生産量の実に半分を占めています。和寒町はカボチャの生産量日本一で、この町だけで茨城県より多い9,100t を生産しています。北海道和寒町や青森県十和田市では、カボチャの種の採集用に、「ストライプペポ」という品種を栽培しています。普通のカボチャは種が硬い殻に覆われていますが、ストライプペポはこの殻がないため、容易に種を取り出せます。カボチャの種はパンプキンシード としておつまみや製菓用などに市販されており、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。
1位 北海道 105,700 t
2位 鹿児島県 10,800 t
3位 茨城県 8,400 t
4位 長崎県 7,130 t
5位 宮崎県 5,520 t
6位 長野県 5,510 t
7位 千葉県 5,130 t
8位 神奈川県 3,480 t
9位 沖縄県 3,290 t
10位 青森県 2,800 t
出典: 農水省
◆◆◆◆ こちらの記事もご覧下さい! ◆◆◆◆
∴ 日本のレタス生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のナス生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のトマト生産量ベスト10 ∴
∴ 日本の大根生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のジャガイモ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のサツマイモ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のニンジン生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のキュウリ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のゴボウ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のパプリカ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のセロリ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のタマネギ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本の枝豆生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のクレソン生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のカブ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のゴーヤー生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のレンコン生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のニラ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のラッキョウ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のサヤインゲン生産量ベスト10 ∴
posted by なんでもベスト10 at 02:59 | TrackBack(0) | ║  ╠═ 日本 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。