2015年09月11日

日本のスモモ生産量ベスト10

2014年の日本のスモモ生産量ベスト10をご紹介します!  スモモと聞いてピンと来なくても、プラムと聞けば分るかもしれません。スーパーでは赤や紫の物をプラム、緑の物をソルダムとして販売しているのを多く見かけますが、ソルダムはプラムの一種です。スモモは元々は中国原産でしたが古くから日本にも伝わっており、19世紀には日本からアメリカに渡りました。その後アメリカで改良された品種が日本に逆輸入されるという、変わった経歴を持った果物です。
スモモの生産量日本一は山梨県で、国内生産量のおよそ3分の1を占めています。2003年に7つの町村が合併して発足した南アルプス市が日本一の産地で、幻のフルーツと称される「貴陽」が生産されています。大玉のプラムで、大きいものでは300gにもなります。4位の山形県では「峰満イエロー」という、プラムとしては珍しい黄色い品種が育てられています。生産量が非常に少ないため、希少なスモモです。
1位 山梨県 7,240 t
2位 長野県 3,460 t
3位 和歌山県 2,850 t
4位 山形県 1,960 t
5位 青森県 892 t
5位 福島県 892 t
7位 福岡県 816 t
8位 北海道 794 t
9位 群馬県 494 t
10位 大分県 421 t
出典: 農水省
◆◆◆◆ こちらの記事もご覧下さい! ◆◆◆◆
∴ 日本のリンゴ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のモモ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のスイカ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のイチゴ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のカキ(柿)生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のマンゴー生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のブルーベリー生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のサクランボ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のビワ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のブドウ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のナシ(和梨)生産量ベスト10 ∴
∴ 日本の西洋ナシ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のイチジク生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のメロン生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のキウイ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本の栗の生産量ベスト10 ∴
posted by なんでもベスト10 at 02:20 | TrackBack(0) | ║  ╠═ 日本 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。