2015年08月23日

世界男子20km競歩のタイムベスト10

世界男子20km競歩のタイムベスト10をご紹介します!  コースを高速で歩く競歩はマラソンの影に隠れがちですが、1932年のロス五輪より50km競歩が正式種目として実施され、20km競歩は1956年のメルボルン五輪から加わりました。世界陸上では、第1回の1983年ヘルシンキ大会から実施されています。
男子20km競歩のタイム第1位は日本の鈴木雄介で、2015年3月15日に石川県で行われた全日本競歩能美大会で樹立した記録です。これは五輪実施競技としては、日本人選手が保持している唯一の陸上競技の世界記録です。2位のセルゲイ・モロゾフと4位のウラジミール・カナイキンは、2015年にドーピング違反を理由に競技からの永久追放処分を受け、2012年12月以降の記録も抹消されています。2人ともロシア競歩センターのビクトル・チェギンのコーチを受けており、このコーチが指導した競歩選手20人以上が相次いで薬物違反による資格停止処分を受けています。
1位 Japan.png 鈴木雄介 1時間16分36秒
2位 Russia.png セルゲイ・モロゾフ 1時間16分43秒
3位 France.png ヨアン・ディニ 1時間17分02秒
4位 Russia.png ウラジミール・カナイキン 1時間17分16秒
5位 Ecuador.png ジェファーソン・ペレス 1時間17分21秒
6位 Spain.png フランシスコ・ハビエル・フェルナンデス 1時間17分22秒
7位 Russia.png ウラジーミル・スタンキン 1時間17分23秒
8位 Italy.png アレックス・シュバーツァー 1時間17分30秒
9位 Australia.png ネーサン・ディークス 1時間17分33秒
10位 China.png 王鎮 1時間17分36秒
出典: IAAF
◆◆◆◆ こちらの記事もご覧下さい! ◆◆◆◆
∴ 世界男子マラソンタイムベスト10 ∴
∴ 世界女子マラソンタイムベスト10 ∴
∴ 世界男子100m走タイムベスト10 ∴
∴ 世界女子100m走タイムベスト10 ∴
∴ 世界男子200m走タイムベスト10 ∴
∴ 世界女子200m走タイムベスト10 ∴
∴ 世界男子400m走タイムベスト10 ∴
∴ 世界女子400m走タイムベスト10 ∴
∴ 世界男子4×100mリレータイムベスト10 ∴
∴ 世界女子4×100mリレータイムベスト10 ∴
∴ 世界男子4×400mリレータイムベスト10 ∴
∴ 世界女子4×400mリレータイムベスト10 ∴
∴ 夏季五輪国別金メダル獲得数ベスト10 ∴
∴ 冬季五輪国別金メダル獲得数ベスト10 ∴
∴ 夏季パラリンピック国別金メダル獲得数ベスト10 ∴
∴ 冬季パラリンピック国別金メダル獲得数ベスト10 ∴
∴ 世界陸上国別金メダル獲得数ベスト10 ∴
∴ 世界柔道国別金メダル獲得数ベスト10 ∴
∴ 世界のスポーツ選手の年収ランキングベスト10 ∴


posted by なんでもベスト10 at 03:10 | TrackBack(0) | 世界 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。