2015年08月22日

世界男子マラソンタイムベスト10

世界男子マラソンタイムベスト10をご紹介します!  マラソンという競技名は、ギリシャ軍の兵士がマラトンからアテネまでの約40kmを疾走し勝利の報告をした後力尽きたという故事に由来します。ギリシャはオリンピック発祥の地でもある事から、オリンピックや世界陸上では競技初日や最終日に行われています。
男子マラソンタイム第1位はケニアのデニス・キプルト・キメットで、2014年のベルリンマラソンで初めて2時間02分台をマークしました。なお、ベルリンマラソンはコースが平坦な故に世界記録が出やすく、このランキングの1位から7位まではベルリンマラソンで樹立されています。5位のハイレ・ゲブレセラシエは、800m走からマラソンと様々な競技で61回も国内記録を塗り替え、母国エチオピアでは「皇帝」と呼ばれています。9位のダンカン・キベトとジェームス・キプサング・クワンバイは、2009年のロッテルダムマラソンで2時間04分27秒という同タイムでゴールしました。着順はキベトが1位、クワンバイが僅差で2位でした。
1位 Kenya.png デニス・キプルト・キメット 2時間02分57秒
2位 Kenya.png エマニュエル・ムタイ 2時間03分13秒
3位 Kenya.png ウィルソン・キプサング・キプロティチ 2時間03分23秒
4位 Kenya.png パトリック・マカウ 2時間03分38秒
5位 Ethiopia.png ハイレ・ゲブレセラシエ 2時間03分59秒
6位 Kenya.png エリウド・キプチョゲ 2時間04分05秒
7位 Kenya.png ジョフリー・ムタイ 2時間04分15秒
8位 Ethiopia.png アエレ・アブシェロ 2時間04分23秒
9位 Kenya.png ダンカン・キベト 2時間04分27秒
9位 Kenya.png ジェームス・キプサング・クワンバイ 2時間04分27秒
出典: IAAF
◆◆◆◆ こちらの記事もご覧下さい! ◆◆◆◆
∴ 世界女子マラソンタイムベスト10 ∴
∴ 世界男子20km競歩のタイムベスト10 ∴
∴ 世界男子100m走タイムベスト10 ∴
∴ 世界女子100m走タイムベスト10 ∴
∴ 世界男子200m走タイムベスト10 ∴
∴ 世界女子200m走タイムベスト10 ∴
∴ 世界男子400m走タイムベスト10 ∴
∴ 世界女子400m走タイムベスト10 ∴
∴ 世界男子4×100mリレータイムベスト10 ∴
∴ 世界女子4×100mリレータイムベスト10 ∴
∴ 世界男子4×400mリレータイムベスト10 ∴
∴ 世界女子4×400mリレータイムベスト10 ∴
∴ 夏季五輪国別金メダル獲得数ベスト10 ∴
∴ 冬季五輪国別金メダル獲得数ベスト10 ∴
∴ 夏季パラリンピック国別金メダル獲得数ベスト10 ∴
∴ 冬季パラリンピック国別金メダル獲得数ベスト10 ∴
∴ 世界陸上国別金メダル獲得数ベスト10 ∴
∴ 世界柔道国別金メダル獲得数ベスト10 ∴
∴ 世界のスポーツ選手の年収ランキングベスト10 ∴


posted by なんでもベスト10 at 03:21 | TrackBack(0) | 世界 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。