2015年08月12日

日本のタマネギ生産量ベスト10

2013年の日本のタマネギ生産量ベスト10をご紹介します!  中央アジア原産のタマネギは江戸時代に日本にやってきましたが、当時食用とされることは少なく、主に観賞用とされていました。本格的に栽培が始まったのは明治時代で、コレラが流行した際に「タマネギを食べるとコレラにかからない」という噂が広まり、その後広く食べられるようになったと言われています。
タマネギの生産量日本一は北海道で、54%のシェアを占めています。北見市は北海道産タマネギの約4割を生産する日本一の市町村です。3位の兵庫県では、ブランドタマネギで知られる「淡路島たまねぎ」が生産されています。一般的なタマネギよりも甘みが強いのが特徴です。UFOキャッチャーならぬ たまねぎキャッチャー が登場し、話題になりましたね。
1位 北海道 580,200 t
2位 佐賀県 157,800 t
3位 兵庫県 88,400 t
4位 愛知県 31,200 t
5位 長崎県 30,700 t
6位 栃木県 13,400 t
7位 静岡県 12,400 t
8位 香川県 11,700 t
9位 熊本県 10,800 t
10位 群馬県 10,500 t
出典: 農水省
◆◆◆◆ こちらの記事もご覧下さい! ◆◆◆◆
∴ 日本のレタス生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のナス生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のトマト生産量ベスト10 ∴
∴ 日本の大根生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のジャガイモ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のサツマイモ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のニンジン生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のキュウリ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のゴボウ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のパプリカ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のセロリ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本の枝豆生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のクレソン生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のゴーヤー生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のレンコン生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のニラ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のカブ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のラッキョウ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のサヤインゲン生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のカボチャ生産量ベスト10 ∴
posted by なんでもベスト10 at 01:52 | TrackBack(0) | ║  ╠═ 日本 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。