2015年08月11日

日本のキウイ生産量ベスト10

2014年の日本のキウイフルーツ生産量ベスト10をご紹介します!  日本でのキウイ栽培は、今から約50年ほど前に始まりました。消費量の減少したミカン畑を利用して栽培が行われるようになったため、ミカンの主要生産地である愛媛県や和歌山県が上位にランクインしています。キウイ はアレルギーを引き起こすことがあるアクチニジンというたんぱく質が含まれているため、厚生労働省が加工食品に含まれている場合に記載を推奨する「特定原材料に準ずるもの」の1つになっています。
近年では多くの変わり種キウイが生産されています。 5位の静岡県では、「アップルキウイ(魁蜜)」という品種が栽培されています。一見するとリンゴ風味のキウイと勘違いしますが、味ではなく形がリンゴに似ているために名付けられました。リンゴよりやや小振り で、芯の部分が大きいのが特徴です。10位の香川県では、大玉のキウイ、「さぬきゴールド」が2005年に登場しま した。1玉の大きさが300g になる事もあり、糖度は16〜18度と高い高級なキウイです。
1位 愛媛県 7,290 t
2位 福岡県 6,040 t
3位 和歌山県 3,880 t
4位 神奈川県 1,970 t
5位 静岡県 1,830 t
6位 山梨県 998 t
7位 佐賀県 944 t
8位 栃木県 932 t
9位 群馬県 851 t
10位 香川県 658 t
出典: 農水省
◆◆◆◆ こちらの記事もご覧下さい! ◆◆◆◆
∴ 世界のキウイ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のリンゴ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のモモ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のスイカ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のイチゴ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のカキ(柿)生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のマンゴー生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のブルーベリー生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のサクランボ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のビワ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のブドウ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のナシ(和梨)生産量ベスト10 ∴
∴ 日本の西洋ナシ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のイチジク生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のメロン生産量ベスト10 ∴
∴ 日本の栗の生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のスモモ生産量ベスト10 ∴


posted by なんでもベスト10 at 02:09 | TrackBack(0) | ║  ╠═ 日本 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。