2015年08月05日

日本のイカ水揚げ量ベスト10

2014年の日本のイカの水揚げ量ベスト10をご紹介します!  日本は世界最大のイカの消費国で、かつては世界で水揚げされるイカの半分が日本人の胃袋に収まっていると言われていました。近年では中国で水産品全体の消費が大幅に伸びたことや和食ブームでイカを食べる機会が海外でも増えたため、日本で消費される割合は約3割まで減少しました。
イカの水揚げ量第1位は北海道で、全国の水揚げの約29%を占めています。また2位の青森県は約24%で、この2県合計で全国の水揚げの半分以上を担っています。青森の八戸漁港は全国一のイカの水揚げ量を誇り、近海物の他、太平洋、南米、ニュージーランドなどで捕獲したイカが一年中水揚げされています。北海道の函館は イカそうめん の本場として知られ、函館漁港で最も多く水揚げされる海産物であるスルメイカを用いたものが一般的です。函館のゆるキャラとして知られる イカール星人 も、このスルメイカがモチーフとなっています。
1位 北海道 60,100 t
2位 青森県 50,200 t
3位 長崎県 16,000 t
4位 岩手県 14,400 t
5位 石川県 12,600 t
6位 茨城県 6,700 t
7位 兵庫県 5,600 t
8位 富山県 4,800 t
9位 鳥取県 4,100 t
10位 宮城県 3,200 t
出典: 農水省
◆◆◆◆ こちらの記事もご覧下さい! ◆◆◆◆
∴ 世界のマグロ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のサンマ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のカツオ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のウナギ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のフグ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のイカ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のタコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のエビ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のウニ・ナマコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のマグロ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のカツオ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のウナギ(養殖)の水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のウナギ(天然)の水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のシジミ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のサンマ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のカキ(牡蠣)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のタコ水揚げ量ベスト10 ∴
posted by なんでもベスト10 at 17:09 | TrackBack(0) | ║  ╠═ 日本 | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/423632809

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。