2015年08月05日

世界のライ麦生産量ベスト10

2013年の世界のライ麦の生産量ベスト10をご紹介します!  ライ麦は小麦や大麦と違い、日本ではあまりなじみのない穀物です。そのままではほとんど目にすることはない穀物ですが、主な用途は主食となる黒パンです。ライ麦は痩せた寒冷地でも育つため、小麦栽培が適さない北欧や東欧で多く生産され、これらの地域では伝統的に黒パンが食べられています。ライ麦を使ったパンは酸味が特徴ですが、これはライ麦の味ではなく、発酵に使う天然酵母に乳酸菌が含まれているためです。
ライ麦の生産量第1位はドイツで全生産量の4分の1強を占め、2位のロシアと3位のポーランドの3ヶ国で全世界の68%を生産しています。ドイツの黒パンはライ麦粉と小麦粉の比率によって4種類に分けられ、ライ麦粉の比率が高い方からロッゲンブロート、ロッゲンミッシュブロート、ヴァイツェンミッシュブロート、ヴァイツェンブロートと呼ばれています。また、ロシア、ポーランド、ベラルーシ、ウクライナはウォッカベルトと呼ばれるほどウォッカの生産量・消費量が多く、ジャガイモや小麦と並んでライ麦からもウォッカが製造されています。
1位 Germany.png ドイツ 4,689,100 t
2位 Russia.png ロシア 3,359,873 t
3位 Poland.png ポーランド 3,359,271 t
4位 China.png 中国 650,000 t
5位 Belarus.png ベラルーシ 648,443 t
6位 Ukraine.png ウクライナ 637,730 t
7位 Denmark.png デンマーク 526,800 t
8位 Spain.png スペイン 383,300 t
9位 Turkey.png トルコ 365,000 t
10位 Austria.png オーストリア 234,000 t
出典: FAO


posted by なんでもベスト10 at 03:37 | TrackBack(0) | 世界 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。