2015年07月12日

世界のオクラ生産量ベスト10

2013年の世界のオクラの生産量ベスト10をご紹介します!  アオイ科の植物オクラは和食によく使われる食材の為、日本の野菜と思われる方が多いですが、実は原産地はアフリカ北東部で、エチオピアやエジプトの当たりと考えられています。オクラという言葉自体も、西アフリカのでの呼名が英語に入ってokraに変化し日本語に入ってきたため、外来語です。
第1位のインドは、世界のオクラのの約7割を生産しています。インドではカレーの具材として使われるのはもちろん、2cm位に切ったオクラにスパイスを混ぜた衣を付けて揚げたオクラのフライがポピュラーです。中東やアフリカでは、オクラの粘りを活用して、煮込み料理にとろみをつけます。欧米では粘りが嫌がられるためあまり食べられていませんが、カリブ諸国ではアフリカからの奴隷が持ち込んで一般的な野菜になりました。
1位 India.png インド 6,350,000 t
2位 Nigeria.png ナイジェリア 1,100,000 t
3位 Sudan.png スーダン 263,263 t
4位 Iraq.png イラク 142,409 t
5位 Cote-dIvoire.png コートジボワール 139,094 t
6位 Pakistan.png パキスタン 108,426 t
7位 Egypt.png エジプト 97,457 t
8位 Cameroon.png カメルーン 72,661 t
9位 Ghana.png ガーナ 63,860 t
10位 Saudi-Arabia.png サウジアラビア 50,668 t
出典: FAO


posted by なんでもベスト10 at 02:15 | TrackBack(0) | 世界 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。