2015年07月11日

国別1人当たりのチーズ消費量ベスト10

2013年の国別1人当たりのチーズ消費量ベスト10をご紹介します!  カナダの 乳製品情報センター(CDIC) が発表した、主要国のチーズ消費量の統計です。主要国の内訳は米州8ヶ国、欧州33ヶ国、アジア・中東6ヶ国、アフリカ3ヶ国、大洋州2ヶ国の計52ヶ国となっています。チーズは動物の乳に酵素や酸を加えて分離させ、脂肪分やたんぱく質を凝固させたカードから作られます。熟成や発酵させただけのものがナチュラルチーズで、ナチュラルチーズを加熱し長期保存できるようにしたものがプロセスチーズです。
チーズの消費量第1位は、フランスでした。フランスは「1つの村に1つのチーズがある」と言われるほどチーズの製造が盛んな国です。日本で最も有名な外国産チーズの一つである カマンベールチーズ も、元々はノルマンディー地方のカマンベール村で作られていたものでした。2位のアイスランドでは、スキール というギリシャヨーグルトのようなチーズがよく食べられています。1000年以上前にノルウェーからの移民によって伝わりましたが、本家のスカンジナビアでは廃れたチーズです。残念ながら日本には輸入されていないようです。
1位 France.png フランス 25.9 kg
2位 Iceland.png アイスランド 25.2 kg
3位 Finland.png フィンランド 24.7 kg
4位 Germany.png ドイツ 24.3 kg
5位 Estonia.png エストニア 21.7 kg
6位 Switzerland.png スイス 21.3 kg
7位 Italy.png イタリア 20.7 kg
8位 Lithuania.png リトアニア 20.1 kg
9位 Austria.png オーストリア 19.9 kg
10位 Sweden.png スウェーデン 19.8 kg
出典: Canadian Dairy Information Centre


ラベル:世界 食品 消費量
posted by なんでもベスト10 at 06:05 | TrackBack(0) | 世界 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。