2015年07月06日

日本のそば生産量ベスト10

2014年の日本のそば生産量ベスト10をご紹介します!  そばは縄文時代から食されてきた歴史の長い食べ物ですが、今のように麺にして食べるようになったのは室町時代の頃と考えられています。それ以前は粒のまま食べたり、粉に挽いてそばがきにしたり、餡を包んでそば饅頭にしていました。後に信州や甲州でそば粉を練って細く切った「そば切り」が江戸に伝わり、そば屋の数が3000を超えるほどの人気を博しました。
そばは、信州そばに代表されるように長野県が生産量トップと思う方も多いと思いますが、実際は北海道が第1位です。作付面積は全国の36%、収穫量は42%にも上り、幌加内町は全国一の収穫量を誇ります。わんこそばでお馴染の8位の岩手県には「 わんこきょうだい 」というゆるキャラがいて、2016年に開かれるいわて国体のマスコットにも選ばれています。
1位 北海道 13,000 t
2位 長野県 2,560 t
3位 茨城県 2,120 t
4位 山形県 2,100 t
5位 福島県 1,930 t
6位 栃木県 1,660 t
7位 秋田県 1,250 t
8位 岩手県 934 t
9位 福井県 911 t
10位 青森県 684 t
出典: 農水省
◆◆◆◆ こちらの記事もご覧下さい! ◆◆◆◆
∴ 世界のそば生産量ベスト10 ∴
∴ 日本の米の生産量ベスト10 ∴


posted by なんでもベスト10 at 02:43 | TrackBack(0) | ║  ╠═ 日本 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。