2015年07月01日

日本のビワ生産量ベスト10

2014年の日本のビワ生産量ベスト10をご紹介します!  初夏になると見かけるようになるビワは日本の果物というイメージが強いですが、実は中国が原産です。実は生食の他、シロップ漬けやジャム、ゼリーに加工されます。葉は乾燥させてビワ茶にすると咳止めに効果がある他、イタリアでは種からネスポリーノというリキュールを製造しています。
ビワは種が大きく、また皮を剥くのが面倒であることから消費者に敬遠され、生産者が高齢化してきている事と相まって急速に栽培面積を減らしています。20年前に比べ栽培面積は44%減少しました。ビワは温暖な地方での生産量が多く、第1位の長崎県は全生産量のおよそ3分の1が生産されています。また2位の千葉県では、南部の南房総で多く栽培され、市場には「房州びわ」の名で出回っています。
1位 長崎県 1,470 t
2位 千葉県 503 t
3位 鹿児島県 474 t
4位 愛媛県 303 t
5位 香川県 288 t
6位 和歌山県 239 t
7位 大分県 181 t
8位 兵庫県 170 t
9位 熊本県 151 t
10位 高知県 143 t
出典: 農水省
◆◆◆◆ こちらの記事もご覧下さい! ◆◆◆◆
∴ 日本のリンゴ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のモモ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のスイカ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のイチゴ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のカキ(柿)生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のマンゴー生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のブルーベリー生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のプルーン生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のサクランボ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のブドウ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のナシ(和梨)生産量ベスト10 ∴
∴ 日本の西洋ナシ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のイチジク生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のメロン生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のキウイ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本の栗の生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のスモモ生産量ベスト10 ∴


posted by なんでもベスト10 at 01:28 | TrackBack(0) | ║  ╠═ 日本 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。