2015年06月23日

世界のホウレンソウ生産量ベスト10

2013年の世界のホウレンソウ生産量ベスト10をご紹介します!  ホウレンソウは古代ペルシャ(現代のイランとその周辺)原産と考えられており、東アジアへはシルクロードを経由してもたらされました。ヨーロッパへはアラブ人によって伝えられ、人気の葉物野菜となりました。
ホウレンソウの生産量は圧倒的に中国が多く、統計上は世界のホウレンソウの9割が中国で生産されている事になります。しかし、この統計にはホウレンソウのカレー「パラク・パニール」で有名なインドが含まれておらず、実際の割合はもう少し低いと思われます。ホウレンソウと言えば、ポパイを思い出す方も多いと思います。アメリカでは水煮にしたホウレンソウの缶詰がかつては定番でしたが、今では冷凍ホウレンソウの方が一般的です。
1位 China.png 中国 21,067,800 t
2位 United-States.png アメリカ 336,200 t
3位 Japan.png 日本 258,427 t
4位 Turkey.png トルコ 220,274 t
5位 Indonesia.png インドネシア 131,248 t
6位 France.png フランス 118,709 t
7位 Iran.png イラン 105,118 t
8位 Belgium.png ベルギー 100,900 t
9位 Pakistan.png パキスタン 100,151 t
10位 South-Korea.png 韓国 91,116 t
出典: FAO


posted by なんでもベスト10 at 02:56 | TrackBack(0) | 世界 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。