2015年06月21日

世界のアーモンドの生産量ベスト10

2013年の世界のアーモンドの生産量ベスト10をご紹介します!  中東から南アジアが原産とされるアーモンドはバラ科の樹木で、春先に桜に似た花を咲かせます。果実は食用にならず、食用となるのは殻に覆われた種の部分です。基本的には殻を外して売られていますが、時折殻つきのまま売られているのを見かけます。良質の脂質オレイン酸が豊富に含まれており、生活習慣病の予防に効果があると言われています。
アーモンドは夏に乾燥し冬に湿潤な気候を好むため、地中海性気候の土地で多く栽培されています。生産量1位はアメリカで、世界のアーモンドの6割以上を占めています。商業的に栽培しているのはカリフォルニア州のみで、同州の農作物の中でもトップクラスの輸出額を誇ります。アーモンドは、アラブ人によってヨーロッパにもたらされ、支配下にあったイタリアのシチリア島やスペインのバレンシア州やカタルーニャ州で盛んに栽培されています。
1位 United-States.png アメリカ 1,814,372 t
2位 Australia.png オーストラリア 160,000 t
3位 Spain.png スペイン 149,000 t
4位 Morocco.png モロッコ 96,523 t
5位 Iran.png イラン 87,281 t
6位 Syria.png シリア 83,230 t
7位 Turkey.png トルコ 82,850 t
8位 Italy.png イタリア 72,633 t
9位 Tunisia.png チュニジア 52,000 t
10位 China.png 中国 43,000 t
出典: FAO


posted by なんでもベスト10 at 02:35 | TrackBack(0) | 世界 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。