2015年06月11日

世界の茶の生産量ベスト10

2013年の世界の茶の生産量ベスト10をご紹介します!  緑茶、紅茶、烏龍茶などは全てチャノキの葉から作られていますが、製法が異なっています。緑茶は葉を収穫後に蒸したり炒ったりして熱を入れ、発酵しないようにします(不発酵茶)。紅茶は反対に発酵した茶葉を使う、完全発酵茶です。烏龍茶は発酵途中で熱を入れて発酵を止める、半発酵茶です。またダイエットに良いとされるプーアル茶は、緑茶と同じく茶葉を加熱してから製茶しますが、その後発酵させる後発酵茶と呼ばれています。
茶は年間530万トン以上が生産され、そのうちの85%がアジア地域で生産されています。紅茶をよく飲むイギリスでは生産されておらず、輸入に頼っているのが実情です。生産量第1位は中国で、全世界の36%を占めています。第2位はインドですがお茶の生産の歴史は浅く、イギリス植民地時代の1830年代に始まりました。当時イギリスはインドからアヘンを密輸出していましたが、中国(清)のアヘン取締り強化により関係が悪化し、茶の最大輸入相手である中国より輸入が止まる事を懸念してインドでの生産に乗り出したと言われています。4位のスリランカは、かつての呼名セイロンにちなんたセイロンティーで有名ですね。ここもやはり英植民地でしたが、コーヒーのプランテーションが害虫で全滅したスリランカに茶園を造り、インドで成功したノウハウを活用したそうです。
1位 China.png 中国 1,924,457 t
2位 India.png インド 1,208,780 t
3位 Kenya.png ケニア 432,400 t
4位 Sri-Lanka.png スリランカ 340,230 t
5位 Vietnam.png ベトナム 214,300 t
6位 Turkey.png トルコ 212,400 t
7位 Iran.png イラン 160,000 t
8位 Indonesia.png インドネシア 148,100 t
9位 Argentina.png アルゼンチン 105,000 t
10位 Japan.png 日本 84,800 t
出典: FAO
◆◆◆◆ こちらの記事もご覧下さい! ◆◆◆◆
∴ 世界のコーヒー生産量ベスト10 ∴
∴ 日本の緑茶生産量ベスト10 ∴


posted by なんでもベスト10 at 03:03 | TrackBack(0) | 世界 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。