2015年06月01日

国別1人当たりのタバコ消費量ベスト10

2014年の世界の国別1人当たりのタバコ消費量ベスト10をご紹介します!  これは、国別に1年間に販売されたタバコの本数を、15歳以上の国民の人数で割った数字です。日本では20歳からタバコが吸えますが、喫煙が可能になる年齢は国によって様々です。お隣の韓国では19歳、ドイツでは16歳から法的に喫煙が可能ですが、イタリアやフランスのように、年齢制限がない国も少なからずあります。ただし、このような国々でも、購入が可能になる年齢に制限を設けている国がほとんどです。
第1位は旧ユーゴスラビアのモンテネグロで、1人当たり年間4,000本以上のタバコを吸っています。これは1人当たり1ヶ月に約17箱のタバコを消費している計算です。実際には非喫煙者の数も含まれているので、ヘビースモーカーが多そうですね。興味深い事に、ベスト10のうち4ヶ国(モンテネグロ、マケドニア、スロベニア、ボスニア)が旧ユーゴの国々となっています。5位のロシアでは、最も売れているタバコはウィンストンです。元々はアメリカのRJレイノルズが製造していましたが、本国以外で販売されるウィンストンは日本のJTが製造しています。このためロシアにおけるメーカー別のシェアでJTはトップに立っています。
1位 Montenegro.png モンテネグロ 4,124.5 本
2位 Belarus.png ベラルーシ 3,830.6 本
3位 Lebanon.png レバノン 3,023.2 本
4位 Macedonia.png マケドニア 2,732.2 本
5位 Russia.png ロシア 2,690.3 本
6位 Paraguay.png スロベニア 2,637.0 本
7位 Belgium.png ベルギー 2,353.3 本
8位 Luxembourg.png ルクセンブルク 2,283.6 本
9位 China.png 中国 2,249.8 本
10位 Bosnia-and-Herzegovina.png ボスニア・ヘルツェゴビナ 2,233.5 本
出典: Tobacco Atlas


posted by なんでもベスト10 at 04:35 | TrackBack(0) | 世界 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。