2015年05月30日

世界の電力発電量ベスト10

2012年の世界の電力発電量ベスト10をご紹介します!  電力は火力、原子力、水力、風力などにより、発電所で作られ、送電線を経由して各家庭や工場に送られています。2012年には世界中で約21兆5000億kWh(キロワットアワー)の電力が生み出されました。これは一般家庭のざっと615億年分になります。
最も多く電力を発電している国は中国で、2011年に初めてアメリカを抜いてトップに立ちました。中国の発電量はアジア全体の発電量の半分以上を占めています。今後も電力の需要増が予想されることから、沿海部における原子力発電所の建設を推進しています。日本も5位にランクインしていますが、東日本大震災の福島第一原子力発電所の事後後、各地の原発が次々と運転停止になった影響で、2年連続で発電量が減少しています。
1位 China.png 中国 4兆7683億1700万 kWh
2位 United-States.png アメリカ 4兆0477億6623万 kWh
3位 India.png インド 1兆0524億9900万 kWh
4位 Russia.png ロシア 1兆0124億7644万 kWh
5位 Japan.png 日本 9664億2600万 kWh
6位 Canada.png カナダ 6162億1100万 kWh
7位 Germany.png ドイツ 5852億2400万 kWh
8位 Brazil.png ブラジル 5376億1320万 kWh
9位 France.png フランス 5333億2400万 kWh
10位 South-Korea.png 韓国 4996億7200万 kWh
出典: EIA


posted by なんでもベスト10 at 04:03 | TrackBack(0) | 世界 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。