2015年05月18日

世界女子100m走タイムベスト10

世界女子100m走タイムベスト10をご紹介します!  短距離走は瞬発力を生む速筋の比率が高い黒人に分があり、10位のイリーナ・プリワロワとイベット・ラロワ以外は全て黒人選手です。2015年5月15日現在、人類最速の女はアメリカのフローレンス・ジョイナーで、その記録は10秒49です。1988年にインディアナポリスで開催されたアメリカ五輪予大会で打ち立てた記録は、30年近くたった今も破られていません。ソウルオリンピックでの活躍後、陸上選手らしからぬ派手なマニキュアが日本でも話題になりましたが、10年後の1998年に亡くなりました。しばしば薬物使用疑惑をかけられており、この副作用のせいで若くして亡くなったとも言われています。
6位のマリーン・オッティは1980年のモスクワ五輪から2004年のアテネ五輪まで7回のオリンピックに出場していますが、いずれの大会でも金メダルには届きませんでした。世界選手権も含めて銅メダルが多いことから、「ブロンズコレクター」と呼ばれるようになりました。なお、2002年にコーチの出身国であるスロベニアに国籍を変更し、これ以降国際大会へはスロベニア代表として出場しています。
1位 United-States.png フローレンス・グリフィス・ジョイナー 10秒49
2位 United-States.png カーメリタ・ジーター 10秒64
3位 United-States.png マリオン・ジョーンズ 10秒65
4位 Jamaica.png シェリー・アン・フレーザー・プライス 10秒70
5位 France.png クリスティーン・アーロン 10秒73
6位 Jamaica.png Slovenia.png マリーン・オッティ 10秒74
7位 Jamaica.png ケロン・スチュワート 10秒75
8位 United-States.png エベリン・アシュフォード 10秒76
8位 Jamaica.png ベロニカ・キャンベル・ブラウン 10秒76
10位 Russia.png イリーナ・プリワロワ 10秒77
10位 Bulgaria.png イベット・ラロワ 10秒77
出典: IAAF
◆◆◆◆ こちらの記事もご覧下さい! ◆◆◆◆
∴ 世界男子100m走タイムベスト10 ∴
∴ 世界男子200m走タイムベスト10 ∴
∴ 世界女子200m走タイムベスト10 ∴
∴ 世界男子400m走タイムベスト10 ∴
∴ 世界女子400m走タイムベスト10 ∴
∴ 世界男子4×100mリレータイムベスト10 ∴
∴ 世界女子4×100mリレータイムベスト10 ∴
∴ 世界男子4×400mリレータイムベスト10 ∴
∴ 世界女子4×400mリレータイムベスト10 ∴
∴ 世界男子マラソンタイムベスト10 ∴
∴ 世界女子マラソンタイムベスト10 ∴
∴ 世界男子20km競歩のタイムベスト10 ∴
∴ 夏季五輪国別金メダル獲得数ベスト10 ∴
∴ 冬季五輪国別金メダル獲得数ベスト10 ∴
∴ 夏季パラリンピック国別金メダル獲得数ベスト10 ∴
∴ 冬季パラリンピック国別金メダル獲得数ベスト10 ∴
∴ 世界陸上国別金メダル獲得数ベスト10 ∴
∴ 世界柔道国別金メダル獲得数ベスト10 ∴
∴ 世界のスポーツ選手の年収ランキングベスト10 ∴


posted by なんでもベスト10 at 05:27 | TrackBack(0) | 世界 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。