2015年05月16日

世界男子100m走タイムベスト10

世界男子100m走タイムベスト10をご紹介します!  陸上の花形と言われる100m走はアフリカ系の選手が圧倒的な強さを見せていて、ベスト10の全選手がアフリカ系です。地域的にもジャマイカ、アメリカ、カナダ、トリニダード・トバゴと、北中米に偏っています。2015年5月15日現在、人類最速の男はジャマイカのウサイン・ボルトで、その記録は9秒58です。2009年8月のベルリン世界陸上選手権において、人類で初めて9秒6の壁を破りました。
5位のジャスティン・ガトリンは、9秒77という記録を2006年のダイアモンドリーグ・ドーハ大会で出しましたが、後にドーピングテストで陽性が出たために記録を抹消されています。4年の出場停止が解けた後の2014年に、ダイアモンドリーグ・ブリュッセル大会で再度9秒77で走りました。10位のドノバン・ベイリーの9秒84は、ベスト10の中で唯一、オリンピックで達成された記録(世界新)です。これによって1928年のアムステルダム五輪以来の金メダルをカナダにもたらしました。
1位 Jamaica.png ウサイン・ボルト 9秒58
2位 United-States.png タイソン・ゲイ 9秒69
2位 Jamaica.png ヨハン・ブレーク 9秒69
4位 Jamaica.png アサファ・パウエル 9秒72
5位 United-States.png ジャスティン・ガトリン 9秒77
6位 Jamaica.png ネスタ・カーター 9秒78
7位 United-States.png モーリス・グリーン 9秒79
8位 Jamaica.png スティーブ・マリングス 9秒80
9位 Trinidad-and-Tobago.png リチャード・トンプソン 9秒82
10位 Canada.png ドノバン・ベイリー 9秒84
10位 Canada.png ブルニー・スリン 9秒84
出典: IAAF
◆◆◆◆ こちらの記事もご覧下さい! ◆◆◆◆
∴ 世界女子100m走タイムベスト10 ∴
∴ 世界男子200m走タイムベスト10 ∴
∴ 世界女子200m走タイムベスト10 ∴
∴ 世界男子400m走タイムベスト10 ∴
∴ 世界女子400m走タイムベスト10 ∴
∴ 世界男子4×100mリレータイムベスト10 ∴
∴ 世界女子4×100mリレータイムベスト10 ∴
∴ 世界男子4×400mリレータイムベスト10 ∴
∴ 世界女子4×400mリレータイムベスト10 ∴
∴ 世界男子マラソンタイムベスト10 ∴
∴ 世界女子マラソンタイムベスト10 ∴
∴ 世界男子20km競歩のタイムベスト10 ∴
∴ 夏季五輪国別金メダル獲得数ベスト10 ∴
∴ 冬季五輪国別金メダル獲得数ベスト10 ∴
∴ 夏季パラリンピック国別金メダル獲得数ベスト10 ∴
∴ 冬季パラリンピック国別金メダル獲得数ベスト10 ∴
∴ 世界陸上国別金メダル獲得数ベスト10 ∴
∴ 世界柔道国別金メダル獲得数ベスト10 ∴
∴ 世界のスポーツ選手の年収ランキングベスト10 ∴


posted by なんでもベスト10 at 03:33 | TrackBack(0) | 世界 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。