2015年05月15日

世界の石炭生産量ベスト10

2013年の世界の石炭生産量ベスト10をご紹介します!  石炭は、太古の植物が湖や沼に堆積し、数億年をかけて熱や圧力によって変化した結果できたものです。かつては石炭ストーブや蒸気機関車の燃料として目にすることもありましたが、現在では火力発電所や製鉄所で主に利用されています。
生産量世界一は中国で、世界の生産量の47%を生産しています。約7割のエネルギー供給を石炭に頼っている中国は、経済発展に伴うエネルギー需要の増加や効率化のための国内での生産停止、価格の内外格差などの影響で、2009年以降輸入量が輸出量を上回り、純輸入国となっています。8位にドイツが入っていることにはピンと来ないかもしれませんが、ルール工業地帯と聞けば地理の授業を思い出す方もいるかもしれませんね。ルール炭田やライン川を中心に発達し、エッセン、ドルトムント、ジュイスブルグ(デュースブルク)、デュッセルドルフなどの工業都市が発展しました。現在では生産量は30年前の半分以下と、減少の一途を辿っています。
1位 China.png 中国 3,680,000,000 t
2位 United-States.png アメリカ 892,636,659 t
3位 India.png インド 605,128,000 t
4位 Australia.png オーストラリア 478,032,616 t
5位 Indonesia.png インドネシア 421,000,000 t
6位 Russia.png ロシア 347,100,000 t
7位 South-Africa.png 南アフリカ共和国 256,699,000 t
8位 Germany.png ドイツ 190,266,000 t
9位 Poland.png ポーランド 142,866,000 t
10位 Kazakhstan.png カザフスタン 114,712,500 t
出典: BP
posted by なんでもベスト10 at 02:45 | TrackBack(0) | 世界 | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/418982239

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。