2015年04月17日

都道府県庁所在市別、コーヒー購入金額ベスト10

2014年の都道府県庁所在市別、コーヒー購入金額ベスト10をご紹介します!  レギュラーコーヒー、インスタントコーヒーなど、液体のコーヒー飲料以外の支出額の統計です。ベスト10のうち9位までは全て西日本の都市が占めています。
1位は京都市で、1世帯当たり8,110円を支出しています。京都市はパンの購入金額も日本一なので、パンとコーヒーを一緒に摂る人が多いと思われます。またその他のランクインしている都市でも、金沢市、広島市、奈良市、大津市がパンの購入金額ベスト10に入っています。
1位 京都市 (京都府) 8,110 円
2位 金沢市 (石川県) 7,642 円
3位 広島市 (広島県) 7,320 円
4位 奈良市 (奈良県) 7,043 円
5位 富山市 (富山県) 6,973 円
6位 高松市 (香川県) 6,917 円
7位 徳島市 (徳島県) 6,774 円
8位 大津市 (滋賀県) 6,686 円
9位 高知市 (高知県) 6,634 円
10位 盛岡市 (岩手県) 6,558 円
出典: 総務省家計調査
posted by なんでもベスト10 at 13:08 | TrackBack(0) | ║  ╠═ 日本 | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/417447810

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。