2015年04月12日

日本のタワーの高さベスト10

日本のタワーの高さベスト10をご紹介します!  タワーの中には純粋に電波塔として建てられた物もありますが、こちらは観光客も入ることのできる施設です。第1位は2012年に墨田区押上に開業した東京スカイツリーです。2位の東京タワーは、公称333mですが、設計を担当した日建設計によると、322.6mとされています。完成当時はエッフェル塔を抜いて世界一の高さでした。
4位の大平和祈念塔は野球で有名なPL教団の施設で、あらゆる戦争の犠牲者を祀り世界平和を祈念するための塔です。ただし、低層階のみの参拝となります。6位のゴールドタワーは瀬戸大橋が開業した1988年にオープンしましたが、入場者数の減少により一旦営業を中止しました。2004年に営業を再開し、現在では展望台以外にもカラオケやボーリング場を併設した屋内アミューズメント施設となっています。
1位 東京スカイツリー (東京都) 634.0 m
2位 東京タワー (東京都) 332.6 m
3位 福岡タワー (福岡県) 234.0 m
4位 名古屋テレビ塔 (愛知県) 180.0 m
4位 大平和祈念塔 (大阪府) 180.0 m
6位 ゴールドタワー (香川県) 158.0 m
7位 海峡ゆめタワー (山口県) 153.0 m
8位 さっぽろテレビ塔 (北海道) 147.2 m
9位 秋田ポートタワー・セリオン (秋田県) 143.6 m
10位 ツインアーチ138 (愛知県) 138.0 m
出典: Wikipedia
◆◆◆◆ こちらの記事もご覧下さい! ◆◆◆◆
∴ 世界のタワーの高さベスト10 ∴


posted by なんでもベスト10 at 17:45 | TrackBack(0) | 世界 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。