2015年04月11日

世界のサツマイモ生産量ベスト10

2013年の世界のサツマイモ生産量ベスト10をご紹介します!  イモといっても、ジャガイモとは別種のヒルガオ科の植物で、アサガオの仲間です。サツマイモには食物繊維が豊富に含まれる事は有名ですが、その他にも脂肪を燃焼させエネルギーに変えるビタミンB2、生活習慣病を予防するビタミンEも多く含まれます。またビタミンCはリンゴの7倍も含まれています。
第1位の中国は、世界の生産量の約68%を生産しています。以前は半数が食用でしたが、現在は半数が家畜の飼料用で、その他の大部分もでんぷんや麺類に加工され、そのまま食される量は以前と比べかなり減っています。ベスト10にランクインしている国の中で目立つのが、アフリカ諸国です。これらの国では主食としてサツマイモが食べられていて、貴重な栄養源となっています。
1位 China.png 中国 70,741,161 t
2位 Tanzania.png タンザニア 3,470,304 t
3位 Nigeria.png ナイジェリア 3,450,000 t
4位 Uganda.png ウガンダ 2,587,000 t
5位 Indonesia.png インドネシア 2,386,729 t
6位 Vietnam.png ベトナム 1,358,175 t
7位 Ethiopia.png エチオピア 1,354,911 t
8位 Angola.png アンゴラ 1,199,749 t
9位 Kenya.png ケニア 1,150,359 t
10位 India.png インド 1,132,400 t
出典: FAO


posted by なんでもベスト10 at 08:47 | TrackBack(0) | 世界 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。