2015年03月12日

世界の原油生産量ベスト10

2013年の世界の原油生産量ベスト10をご紹介します!  第1位はサウジアラビアで、石油は外貨収入の9割を占めるほど重要な資源となっています。国営のサウジアラムコは世界最大の石油会社で、6万人以上の従業員を雇用しています。また、日本に輸入される原油の3割がサウジアラビア産です。
8位のイラクは、イラン・イラク戦争、湾岸戦争、アメリカのイラクへの軍事介入(イラク戦争)の影響で生産量が落ち込んだ時期もありましたが、イラク戦争終結後は徐々に生産量が増えてきています。
1位 Saudi-Arabia.png サウジアラビア 542,340,000 t
2位 Russia.png ロシア 531,434,000 t
3位 United-States.png アメリカ 446,231,000 t
4位 China.png 中国 208,129,000 t
5位 Canada.png カナダ 193,013,000 t
6位 Iran.png イラン 166,082,000 t
7位 United-Arab-Emirates.png アラブ首長国連邦 165,674,000 t
8位 Iraq.png イラク 153,242,000 t
9位 Kuwait.png クウェート 151,253,000 t
10位 Mexico.png メキシコ 141,846,000 t
出典: BP


posted by なんでもベスト10 at 04:26 | TrackBack(0) | 世界 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。