2015年10月31日

中国の自動車販売数ベスト10

2014年の中国の自動車販売数ベスト10をご紹介します!  世界最大の自動車市場である中国では、前年比7%増の2350万台の新車が販売されました。中国では輸入車に25%もの関税が課せられるため、販売台数が多ければ多いほど国内で生産した方が有利になります。しかし、外資メーカーが現地生産を行うには中国企業との合弁会社を設立する必要があるため、数少ない中国企業が複数の海外メーカーとの合弁会社を設立しています。中国最大手でビッグ3の一角、上海汽車は、VW、GM、ボルボと、第一汽車はトヨタ、ダイハツ、マツダ、VWと、東風汽車は日産、プジョー、シトロエン、起亜と合弁で会社を設立しています。
第1位は日本では馴染みのない五菱というメーカーのミニバン「宏光」で、75万台を売り上げています。これは、2014年にマレーシア1ヶ国で販売された自動車数を上回る数です。五菱は2002年にGMと上海汽車、広西汽車によって設立された合弁会社で、宏光はインドではシボレー・エンジョイとして販売されています。広西汽車の前身が三菱自動車と提携していたことから、5つの菱形をデザインしたロゴを使うようになったと言われています。VWが4車種ランクインしていますが、全て日本ではあまり見かけないセダンタイプです。最も販売台数の多い「ラヴィーダ」は4代目ジェッタを元に開発された中国専用モデル、「サギター」は6代目ジェッタの中国版、「ジェッタ」と「サンタナ」は同じVWグループのセアト・トレドの派生形と、ややこしい事になっています。第9位の「ビュイック・エクセル」は、同じGM傘下の独オペル・アストラをベースにした中国専用モデルです。中国ではビュイックの人気が高く、アメリカ本国の3倍近くが売れているという状況です。ビュイックはGMのリストラの一環で北米以外の地域からは撤退していますが、中国は唯一の例外です。
1位 China.png 五菱 宏光(ウーリン ホングァン) 750,000 台
2位 Germany.png 長安フォード フォーカス 391,800 台
3位 Germany.png 上海フォルクスワーゲン ラヴィーダ 372,000 台
4位 Germany.png 上海フォルクスワーゲン サンタナ 307,300 台
5位 China.png 長城 哈弗H6(グレートウォール ホーバーH6) 315,900 台
6位 Germany.png 上海フォルクスワーゲン サギター 300,100 台
7位 Japan.png 東風日産 シルフィ 300,100 台
8位 Germany.png 一汽フォルクスワーゲン ジェッタ 297,000 台
9位 United-States.png 上海GM/ビュイック エクセル 293,100 台
10位 United-States.png 上海GM/シボレー クルーズ 266,000 台
出典: 中国汽車工業協会
◆◆◆◆ こちらの記事もご覧下さい! ◆◆◆◆
≫ 写真付きで見る ≪
∴ 世界のメーカー別自動車生産台数ベスト10 ∴
∴ 国内乗用車販売数ベスト10 ∴
∴ 国内乗用車販売数(軽除く)ベスト10 ∴
∴ 国内の軽自動車販売数ベスト10 ∴
∴ 国別自動車の生産台数ベスト10 ∴
∴ 国別自動車の販売台数ベスト10 ∴
∴ アメリカの自動車販売数ベスト10 ∴
∴ カナダの自動車販売数ベスト10 ∴
∴ ドイツの自動車販売数ベスト10 ∴
∴ イギリスの自動車販売数ベスト10 ∴
∴ イタリアの自動車販売数ベスト10 ∴
∴ フランスの自動車販売数ベスト10 ∴
∴ 韓国の自動車販売数ベスト10 ∴
∴ アラブ首長国連邦の自動車販売数ベスト10 ∴
∴ オーストラリアの自動車販売数ベスト10 ∴
∴ 国内の輸入車販売数ベスト10 ∴
∴ 都道府県別輸入車登録数ベスト10 ∴
∴ 都道府県別自家用乗用車普及台数ベスト10 ∴
∴ 自動車ブランド信頼性ランキングベスト10 ∴
ラベル:アジア 工業 交通
posted by なんでもベスト10 at 07:04 | TrackBack(0) | ║  ╚═ 中国 | 更新情報をチェックする

2015年10月30日

オーストラリアの自動車販売数ベスト10

2014年のオーストラリアの自動車販売数ベスト10をご紹介します!  オーストラリアでは、前年比2%減の111万3,000台の新車が販売されました。前年に続き20万台以上を販売したトヨタがトップシェアを占め、2位以下を大きく引き離しています。オーストラリアでは1963年に現地生産を開始したトヨタの他、地元メーカーでGM傘下の ホールデン、T型フォードの時代の1925年より乗用車を生産しているフォードの3社が乗用車を生産していますが、3社全てが2016年から17年にかけて工場の閉鎖を決めています。
第1位と第3位はトヨタのカローラとハイラックス、第2位はマツダ3(日本名アクセラ)が入り、ベスト3は日本車が占めました。第5位のホールデン・コモドアは全長4.9m、全幅1.89mの大型車で、オーストラリア国内で開発されたモデルです。セダンとステーションワゴンが用意されている他、排気量6.2L、580馬力のエンジンを搭載したスポーツモデルもあります。第7位の三菱トライトンは、タイで生産されているピックアップです。日本でも2011年まで販売されていましたが、今では日本と北米以外の地域で販売されています。三菱もかつては豪州工場を持っており、マグナというギャランをベースにしたステーションワゴンが一時期日本にも逆輸入されていましたが、2008年に現地生産からは撤退しています。
1位 Japan.png トヨタ カローラ 43,735 台
2位 Japan.png マツダ 3 43,313 台
3位 Japan.png トヨタ ハイラックス 38,126 台
4位 South-Korea.png ヒュンダイ i30 31,505 台
5位 Australia.png ホールデン コモドア 30,203 台
6位 United-States.png フォード レンジャー 26,619 台
7位 Japan.png 三菱 トライトン 24,256 台
8位 Japan.png トヨタ カムリ 22,044 台
9位 Japan.png マツダ CX-5 21,571 台
10位 Germany.png フォルクスワーゲン ゴルフ 19,178 台
出典: FCAI
◆◆◆◆ こちらの記事もご覧下さい! ◆◆◆◆
∴ 世界のメーカー別自動車生産台数ベスト10 ∴
∴ 国内乗用車販売数ベスト10 ∴
∴ 国内乗用車販売数(軽除く)ベスト10 ∴
∴ 国内の軽自動車販売数ベスト10 ∴
∴ 国別自動車の生産台数ベスト10 ∴
∴ 国別自動車の販売台数ベスト10 ∴
∴ アメリカの自動車販売数ベスト10 ∴
∴ カナダの自動車販売数ベスト10 ∴
∴ ドイツの自動車販売数ベスト10 ∴
∴ イギリスの自動車販売数ベスト10 ∴
∴ イタリアの自動車販売数ベスト10 ∴
∴ フランスの自動車販売数ベスト10 ∴
∴ 中国の自動車販売数ベスト10 ∴
∴ 韓国の自動車販売数ベスト10 ∴
∴ アラブ首長国連邦の自動車販売数ベスト10 ∴
∴ 国内の輸入車販売数ベスト10 ∴
∴ 都道府県別輸入車登録数ベスト10 ∴
∴ 都道府県別自家用乗用車普及台数ベスト10 ∴
∴ 自動車ブランド信頼性ランキングベスト10 ∴
posted by なんでもベスト10 at 01:46 | TrackBack(0) |    ╚═ オーストラリア | 更新情報をチェックする

2015年10月28日

フランスの自動車販売数ベスト10

2014年のフランスの自動車販売数ベスト10をご紹介します!  フランス市場は、日本市場とまではいきませんが国産メーカーのシェアが強く、10位以外は全て自国のメーカーの車種が占めました。第1位のルノー・クリオは、1990年に登場した小型車で、ベストセラーだったルノー5の後継車として投入されました。2012年にモデルチェンジされた現行モデルは4代目で、日本の禅からヒントを得たZENというモデルも存在します。日本では商標権の関係でクリオという名称を使用できず、ルーテシアの名前で輸入されています。
第6位のプジョー2008は、同社の208をベースにした小型のSUVです。プジョーは従来3桁の数字を車名にしていましたが、2004年以降SUVやミニバンにはベースとなったモデル名の真ん中に0を加えた4桁の数字が与えられています。第10位の ダチア は日本では全くと言っていいほど知られていない、ルーマニアのメーカーです。1960年代に設立され、以来ルノーのモデルを中心に生産してきました。しかし、共産主義が崩壊しルーマニア革命後は業績が悪化したため、1999年にルノー傘下に入りました。サンデロは2008年に登場した5ドアハッチバックの2代目で、ルノー・クリオと同様のサイズや排気量ですが、コストの安いルーマニアで生産されているため安価で人気を博しています。
1位 France.png ルノー クリオ 105,182 台
2位 France.png プジョー 208 83,965 台
3位 France.png ルノー キャプチャー 62,985 台
4位 France.png プジョー 308 60,842 台
5位 France.png シトロエン C3 59,627 台
6位 France.png プジョー 2008 54,161 台
7位 France.png ルノー セニック 49,068 台
8位 France.png シトロエン C4ピカソ 45,581 台
9位 France.png ルノー メガーヌ 44,791 台
10位 Romania.png ダチア サンデロ 44,357 台
出典: autoblog.com
◆◆◆◆ こちらの記事もご覧下さい! ◆◆◆◆
≫ 写真付きで見る ≪
∴ 世界のメーカー別自動車生産台数ベスト10 ∴
∴ 国内乗用車販売数ベスト10 ∴
∴ 国内乗用車販売数(軽除く)ベスト10 ∴
∴ 国内の軽自動車販売数ベスト10 ∴
∴ 国別自動車の生産台数ベスト10 ∴
∴ 国別自動車の販売台数ベスト10 ∴
∴ アメリカの自動車販売数ベスト10 ∴
∴ カナダの自動車販売数ベスト10 ∴
∴ ドイツの自動車販売数ベスト10 ∴
∴ イタリアの自動車販売数ベスト10 ∴
∴ イギリスの自動車販売数ベスト10 ∴
∴ オーストラリアの自動車販売数ベスト10 ∴
∴ 韓国の自動車販売数ベスト10 ∴
∴ 中国の自動車販売数ベスト10 ∴
∴ アラブ首長国連邦の自動車販売数ベスト10 ∴
∴ 国内の輸入車販売数ベスト10 ∴
∴ 都道府県別輸入車登録数ベスト10 ∴
∴ 都道府県別自家用乗用車普及台数ベスト10 ∴
∴ 自動車ブランド信頼性ランキングベスト10 ∴
ラベル:欧州 工業 交通
posted by なんでもベスト10 at 02:21 | TrackBack(0) | ║  ╚═ フランス | 更新情報をチェックする

2015年10月26日

イギリスの自動車販売数ベスト10

2014年のイギリスの自動車販売数ベスト10をご紹介します!  2014年は前年比9%の増加で226万台の自動車がイギリス国内で販売されました。第1位の座は6年連続で小型ハッチバックのフォード・フィエスタが獲得しました。現行のフィエスタは7代目で2008年に登場し、2013年にフェイスリフトが行われています。2014年より 日本での販売 も始まりました。
第3位と第5位にランクインした ボクスホール は、日本では馴染みのないメーカーです。ボクスホールは元々イギリスの自動車メーカーでしたが、1925年にGMに買収されました。1970年代からは、同じGM傘下の独オペルのモデルがボクスホールとしてイギリスでのみ販売されていて、ボクスホール独自のモデルは生産されていません。日本からは6位に日産キャシュカイ、10位に日産ジュークがランクインしました。キャシュカイという名はイラン南西部の遊牧民から採用され、現行モデルは2013年に登場しました。エクストレイルのショートホイールベース版で、生産はイギリスで行われており日本国内では販売されていません。2015年9月には生産開始からわずか21ヶ月で50万台目のキャシュカイが製造され、それまでのオースチン1100/1300の29ヶ月という記録を塗り替えました。
1位 Germany.png フォード フィエスタ 131,254 台
2位 Germany.png フォード フォーカス 85,140 台
3位 United-Kingdom.png ボクスホール コルサ 81,783 台
4位 Germany.png フォルクスワーゲン ゴルフ 73,880 台
5位 United-Kingdom.png ボクスホール アストラ 59,689 台
6位 Japan.png 日産 キャシュカイ 49,909 台
7位 Germany.png フォルクスワーゲン ポロ 48,004 台
8位 Germany.png アウディ A3 45,581 台
9位 Italy.png フィアット 500 44,005 台
10位 Japan.png 日産 ジューク 39,263 台
出典: autoblog.com
◆◆◆◆ こちらの記事もご覧下さい! ◆◆◆◆
≫ 写真付きで見る ≪
∴ 世界のメーカー別自動車生産台数ベスト10 ∴
∴ アメリカの自動車販売数ベスト10 ∴
∴ カナダの自動車販売数ベスト10 ∴
∴ ドイツの自動車販売数ベスト10 ∴
∴ イタリアの自動車販売数ベスト10 ∴
∴ フランスの自動車販売数ベスト10 ∴
∴ オーストラリアの自動車販売数ベスト10 ∴
∴ 韓国の自動車販売数ベスト10 ∴
∴ 中国の自動車販売数ベスト10 ∴
∴ アラブ首長国連邦の自動車販売数ベスト10 ∴
∴ 自動車ブランド信頼性ランキングベスト10 ∴
∴ 国内乗用車販売数ベスト10 ∴
∴ 国内乗用車販売数(軽除く)ベスト10 ∴
∴ 国内の軽自動車販売数ベスト10 ∴
∴ 国別自動車の生産台数ベスト10 ∴
∴ 国別自動車の販売台数ベスト10 ∴
∴ 国内の輸入車販売数ベスト10 ∴
∴ 都道府県別輸入車登録数ベスト10 ∴
∴ 都道府県別自家用乗用車普及台数ベスト10 ∴
ラベル:交通 工業 欧州
posted by なんでもベスト10 at 02:52 | TrackBack(0) | ║  ╠═ イギリス | 更新情報をチェックする

2015年10月25日

自動車ブランド信頼性ランキングベスト10

米コンシューマー・リポートによる2015年版自動車ブランド信頼性ランキングベスト10をご紹介します!  アメリカの有力消費者情報誌「コンシューマー・リポート」が毎年秋に発表しているランキングで、同誌の走行テストや雑誌購読者による不具合情報、米政府による安全性テストの結果などを総合して評価しており、100点満点で採点されています。対象となるのは28の米国内・海外ブランドです。
10ブランド中半分を日本勢が占めました。第1位は3年連続でトヨタの高級ブランド、レクサスが選ばれました。レクサスは1989年に展開を開始しましたが、当初は北米市場でのみの展開で、日本を含むグローバルマーケットでの展開が始まったのは2005年からです。第2位のマツダは、前年の6位から大幅にランクアップしました。MX-5(ロードスター)に代表されるスポーティーな車作りが評価されたようです。第7位には米国社で唯一、GMのビュイックがランクインしています。以前は日本を含め世界的に展開していましたが、GMのブランド展開の方針変更で販売地域が縮小され、今ではアメリカ、カナダ、メキシコ、中国でのみ販売されています。
1位 Japan.png レクサス 78
2位 Japan.png マツダ 75
3位 Japan.png トヨタ 74
4位 Germany.png アウディ 73
5位 Japan.png スバル 73
6位 Germany.png ポルシェ 70
7位 United-States.png ビュイック 69
8位 Japan.png ホンダ 69
9位 South-Korea.png 起亜 68
10位 Germany.png BMW 66
出典: Consumer Reports
◆◆◆◆ こちらの記事もご覧下さい! ◆◆◆◆
∴ 世界のメーカー別自動車生産台数ベスト10 ∴
∴ 国内乗用車販売数ベスト10 ∴
∴ 国内乗用車販売数(軽除く)ベスト10 ∴
∴ 国内の軽自動車販売数ベスト10 ∴
∴ 国別自動車の生産台数ベスト10 ∴
∴ 国別自動車の販売台数ベスト10 ∴
∴ アメリカの自動車販売数ベスト10 ∴
∴ カナダの自動車販売数ベスト10 ∴
∴ ドイツの自動車販売数ベスト10 ∴
∴ イギリスの自動車販売数ベスト10 ∴
∴ イタリアの自動車販売数ベスト10 ∴
∴ フランスの自動車販売数ベスト10 ∴
∴ オーストラリアの自動車販売数ベスト10 ∴
∴ 韓国の自動車販売数ベスト10 ∴
∴ 中国の自動車販売数ベスト10 ∴
∴ アラブ首長国連邦の自動車販売数ベスト10 ∴
∴ 国内の輸入車販売数ベスト10 ∴
∴ 都道府県別輸入車登録数ベスト10 ∴
∴ 都道府県別自家用乗用車普及台数ベスト10 ∴
ラベル:工業 世界 交通
posted by なんでもベスト10 at 04:12 | TrackBack(0) | 世界 | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

日本のカブ生産量ベスト10

2013年の日本のカブの生産量ベスト10をご紹介します!  カブはスズナ(菘)として春の七草に登場しますが、甘みが増す冬から春先が旬の野菜です。野菜のカブ以外で「蕪」の字が付く言葉として恐らく一番有名な与謝蕪村は、カブの産地としてその時代に有名だった大阪の天王寺に住んでいたことから、自らの号を蕪村と付けたと言われています。
カブの生産量日本一は千葉県で、全国の生産量の約27%を占めています。柏市は全国一の生産量を誇っていますが、捨てられてしまう規格外のカブが悩みの種でした。これを解消するために、「柏のかぶソフトクリーム」が開発されました。第4位の京都府では、「千枚漬け」に使われる聖護院かぶが生産されています。一般的なカブの直径は5cm程ですが、聖護院かぶは15cm以上にもなり、重さも5kgを超えるものもあります。このため、スーパーではカットされて販売される事も多い品種です。
1位 千葉県 35,800 t
2位 埼玉県 17,200 t
3位 青森県 8,290 t
4位 京都府 5,350 t
5位 滋賀県 5,110 t
6位 山形県 4,780 t
7位 北海道 4,740 t
8位 福岡県 4,040 t
9位 岐阜県 3,970 t
10位 新潟県 3,620 t
出典: 農水省
◆◆◆◆ こちらの記事もご覧下さい! ◆◆◆◆
∴ 日本のレタス生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のナス生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のトマト生産量ベスト10 ∴
∴ 日本の大根生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のジャガイモ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のサツマイモ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のニンジン生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のキュウリ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のゴボウ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のパプリカ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のセロリ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のタマネギ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本の枝豆生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のクレソン生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のゴーヤー生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のレンコン生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のニラ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のラッキョウ生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のサヤインゲン生産量ベスト10 ∴
∴ 日本のカボチャ生産量ベスト10 ∴
posted by なんでもベスト10 at 02:13 | TrackBack(0) | ║  ╠═ 日本 | 更新情報をチェックする

2015年10月18日

日本のタコ水揚げ量ベスト10

2014年の日本のタコ水揚げ量ベスト10をご紹介します!  全国的に広く流通しているタコは、マダコ、ミズダコ、イイダコの3種類です。一般的にタコと言えばマダコを指す事が多く、西日本で多く獲れます。50〜60cmの大きさで、たこ焼きの具としてお馴染です。ミズダコは世界最大のタコで、大きなものは体長5メートル、重さ50kgにもなります。マダコに比べて実が柔らかいため、生のまま刺身にしたりしゃぶしゃぶでも食べられます。イイダコは30cm程の小型のタコで、さらに小さなタコは丸のまま煮付けにされます。
タコの水揚げ日本一は北海道で、全国の水揚げ量の約53%を占めています。北海道では、主に日本海やオホーツク海側でミズダコ、太平洋側でヤナギダコが水揚げされています。ヤナギダコは北海道や東北から関東の太平洋側で多く獲れるタコで、身が淡白でマダコより柔らかく、程良い食感が特徴です。第2位の兵庫県は、明石のタコで有名ですね。鶏卵や出汁等を溶いた生地でタコを包み丸く焼いた「明石焼き」は現地では玉子焼きと呼ばれ、江戸時代から食べられているとも言われています。明石市内には明石焼きを出す店が70軒以上ありますが、明石のタコは歯ごたえが良すぎるため、モロッコ産のマダコの方が柔らかく明石焼きには向いているという店主もいます。
1位 北海道 18,700 t
2位 兵庫県 2,800 t
3位 香川県 1,200 t
4位 青森県 1,100 t
4位 福岡県 1,100 t
4位 長崎県 1,100 t
7位 岩手県 1,000 t
8位 宮城県 600 t
8位 千葉県 600 t
8位 愛媛県 600 t
8位 大分県 600 t
出典: 農水省
◆◆◆◆ こちらの記事もご覧下さい! ◆◆◆◆
∴ 世界のマグロ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のサンマ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のカツオ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のイカ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のタコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のエビ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のウニ・ナマコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のウナギ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のフグ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のマグロ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のウナギ(養殖)の水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のウナギ(天然)の水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のシジミ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のイカ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のサンマ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のカキ(牡蠣)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のカツオ水揚げ量ベスト10 ∴
posted by なんでもベスト10 at 02:34 | TrackBack(0) | ║  ╠═ 日本 | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

世界のフグ(天然)水揚げ量ベスト10

2013年の世界のフグ(天然)の水揚げ量ベスト10をご紹介します!  フグは体内に猛毒を持っていますが、種類によって毒のある部位が違うため、日本ではふぐ調理師免許をもたない者の調理が禁止されています。お隣の中国では昔は食用にされ、その味は豚にも勝るということで「河豚」と呼ばれていました。日本でもこの漢字が使われていますね。しかし現在では基本的にはフグは毒魚として販売禁止となり、特別な許可を受けた日本食レストラン等でのみ提供されています。またヨーロッパでは、フグの販売が禁止されています。この統計にはフグの他、ハコフグ、ハリセンボンが含まれています。
天然フグの水揚げ量第1位は日本で、世界の水揚げ量のおよそ40%を占めています。第2位は韓国で、この2ヶ国で天然フグに関しては世界の漁獲量の約73%になります。韓国でもフグは寒い時期を代表する味覚で、鍋「ポッチリ」や刺身、天ぷら、プルコギなど多様に調理されます。第8位のアメリカでは、東海岸のチェサピーク湾でヨリトフグが水揚げされます。肉に甘味がある事から現地では「sugar toad(甘いヒキガエル)」と呼ばれ、フライにして食べるのが一般的です。
1位 Japan.png 日本 4,900 t
2位 South-Korea.png 韓国 4,012 t
3位 Senegal.png セネガル 1,827 t
4位 Brazil.png ブラジル 543 t
5位 Australia.png オーストラリア 473 t
6位 Gambia.png ガンビア 174 t
6位 Mauritania.png モーリタニア 87 t
8位 United-States.png アメリカ 41 t
9位 Antigua-and-Barbuda.png アンティグア・バーブーダ 40 t
10位 British-Virgin-Islands.png 英領バージン諸島 30 t
出典: FAO
◆◆◆◆ こちらの記事もご覧下さい! ◆◆◆◆
∴ 世界のマグロ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のサンマ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のカツオ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のイカ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のタコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のエビ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のウニ・ナマコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のウナギ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のマグロ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のウナギ(養殖)の水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のウナギ(天然)の水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のシジミ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のイカ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のタコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のサンマ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のカキ(牡蠣)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のカツオ水揚げ量ベスト10 ∴
posted by なんでもベスト10 at 03:31 | TrackBack(0) | 世界 | 更新情報をチェックする

2015年10月15日

世界のウナギ(天然)水揚げ量ベスト10

2013年の世界のウナギ(天然)の水揚げ量ベスト10をご紹介します!  ウナギは日本や朝鮮半島で獲れるニホンウナギ(アンギラ・ジャポニカ種)の他、東南アジアのビカーラウナギ(アンギラ・ビカーラ種)、ヨーロッパウナギ(アンギラ・アンギラ種)、アメリカウナギ(アンギラ・ロストラータ種)、アフリカのモザンビークウナギ(アンギラ・モザンビカ種)など、20種類ほどの存在が知られています。
天然ウナギの水揚げ量第1位はインドネシアで、世界の水揚げ量のおよそ26%を占めています。第2位はフィリピンで、この2ヶ国で天然ウナギに関しては世界の漁獲量の約半分になります。この2ヶ国ではビカーラウナギが獲れ、ニホンウナギと味も似ているとのことです。現地では唐揚げやスープにして食べますが、あまり丁寧に下処理しないため、若干生臭みが残るそうです。第6位のイギリスでは、ウナギはぶつ切りにして「ゼリー寄せ」にして食べられています。ロンドン・イーストエンドの名物ですが、こちらも舌の肥えた日本人には不評のようです。
1位 Indonesia.png インドネシア 2,939 t
2位 Philippines.png フィリピン 2,489 t
3位 New-Zealand.png ニュージーランド 1,031 t
4位 France.png フランス 696 t
5位 Egypt.png エジプト 662 t
6位 Canada.png カナダ 428 t
6位 United-Kingdom.png イギリス 428 t
8位 United-States.png アメリカ 423 t
9位 Sweden.png スウェーデン 361 t
10位 Denmark.png デンマーク 331 t
出典: FAO
◆◆◆◆ こちらの記事もご覧下さい! ◆◆◆◆
∴ 世界のマグロ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のサンマ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のカツオ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のイカ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のタコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のエビ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のウニ・ナマコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のフグ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のマグロ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のウナギ(養殖)の水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のウナギ(天然)の水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のシジミ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のイカ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のタコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のサンマ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のカキ(牡蠣)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のカツオ水揚げ量ベスト10 ∴
posted by なんでもベスト10 at 02:17 | TrackBack(0) | 世界 | 更新情報をチェックする

2015年10月13日

世界のウニ・ナマコ水揚げ量ベスト10

2013年の世界のウニ・ナマコの水揚げ量ベスト10をご紹介します!  ウニは日本独特の食べ物と思う方も多いと思いますが、意外と多くの地域で食べられています。イタリアでは生のままレモンを絞って食べたり、パスタソースにも使われます。ニュージーランドではキナとよばれ、マオリ族伝統の御馳走です。また、ナマコは中国では干しナマコが高級食材として珍重されるほか、漢方薬としても使われています。
ウニ・ナマコの水揚げ量第1位はチリで、世界の水揚げ量のおよそ27%を占めています。チリでは生のウニにタマネギ、オリーブオイル、レモンを添えて食べるのが一般的です。チリには日本ハムの関連の冷凍ウニ工場があり、日本へも多く輸入されています。第9位にはスリランカ、第10位にはマダガスカルがランクインしています。共に近年漁獲量が増えていますが、中国向けにナマコ漁が盛んになったものと思われます。
1位 Chile.png チリ 30,455 t
2位 Japan.png 日本 18,813 t
3位 Russia.png ロシア 12,560 t
4位 Canada.png カナダ 9,269 t
5位 United-States.png アメリカ 8,919 t
6位 Mexico.png メキシコ 6,854 t
7位 South-Korea.png 韓国 5,203 t
8位 Indonesia.png インドネシア 4,390 t
9位 Sri-Lanka.png スリランカ 3,570 t
10位 Madagascar.png マダガスカル 2,561 t
出典: FAO
◆◆◆◆ こちらの記事もご覧下さい! ◆◆◆◆
∴ 世界のマグロ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のサンマ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のカツオ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のイカ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のタコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のエビ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のフグ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のウナギ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のマグロ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のウナギ(養殖)の水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のウナギ(天然)の水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のシジミ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のイカ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のタコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のサンマ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のカキ(牡蠣)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のカツオ水揚げ量ベスト10 ∴
posted by なんでもベスト10 at 02:58 | TrackBack(0) | 世界 | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

世界のエビ(天然)水揚げ量ベスト10

2013年の世界のエビ(天然)の水揚げ量ベスト10をご紹介します!  世界のエビの水揚げは1969年に100万t、1991年に200万t、2003年に300万tを超え、増加傾向にありましたが、300万tを超えて以降は横ばいになっています。日本はかつて世界最大のエビの消費国と言われ ていましたが、アメリカと中国でのエビの消費が旺盛なため、今は第3位の市場と言われています。この統計は海に生息するエビのみが対象で、伊勢海老やロブスターなど大型のエビ、シャコ類、オキアミ類は含んでいません。
エビの水揚げ量第1位は中国で、世界の水揚げ量のおよそ37%を占めています。エビを使った中華料理の代表格、エビチリですが、漢字で書くと2種類あります。「干焼蝦仁」は、むき身のエビを使ったエビチリ、「干焼明蝦」は大き目の殻付きのエビを使ったエビチリですので、注文の際は要注 意です。第5位のカナダと第9位のグリーンランドは、ホンホッコクアカエビの二大産地で、カナダでは漁獲漁の95%、グリーンランドでは100%を占めます。日本では冷凍甘エビとして流通していますが、甘エビ(ホッコクアカエビ)とは近縁種に当たるそうです。
1位 China.png 中国 1,257,112 t
2位 India.png インド 390,119 t
3位 Vietnam.png ベトナム 266,026 t
4位 Indonesia.png インドネシア 240,290 t
5位 Canada.png カナダ 148,816 t
6位 United-States.png アメリカ 128,372 t
7位 Malaysia.png マレーシア 108,010 t
8位 Argentina.png アルゼンチン 100,715 t
9位 Greenland.png グリーンランド 92,167 t
10位 Mexico.png メキシコ 67,347 t
出典: FAO
◆◆◆◆ こちらの記事もご覧下さい! ◆◆◆◆
∴ 世界のマグロ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のサンマ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のカツオ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のイカ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のタコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のウニ・ナマコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のウナギ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のフグ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のマグロ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のウナギ(養殖)の水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のウナギ(天然)の水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のシジミ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のイカ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のタコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のサンマ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のカキ(牡蠣)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のカツオ水揚げ量ベスト10 ∴
posted by なんでもベスト10 at 03:25 | TrackBack(0) | 世界 | 更新情報をチェックする

2015年10月10日

世界のタコ水揚げ量ベスト10

2013年の世界のタコの水揚げ量ベスト10をご紹介します!  日本ではかわいいイメージもあるタコですが、バイキングの信仰していた北欧神話では、タコに似た クラーケン という怪物が船を襲い船乗りを腕で引きずり込むという伝説があり、末裔であるゲルマン人やケルト人、アングロサクソン人はタコを積極的に食べる事はしませんでした。ドイツ語では、今でもタコの事を「クラーケンKraken」と呼んでいます。
タコの水揚げ量第1位は中国で、世界の水揚げ量のおよそ33%を占めています。意外ですが中国ではタコを食べる文化はなく、外国料理店で使われたり輸出されています。第5位のモーリタニアには大西洋に豊かな漁場がありますが、タコを獲る食べる習慣はありません。日本の技術援助を受けて本格的なタコ漁を始め、1973年には100t程しかなかった漁獲量が翌年には13,000tを超えました。第6位の韓国では、タコの踊り食い「サンナクチ」が有名ですね。小型のテナガダコの足をぶつ切りにして、ゴマ油に付けていただきます。喉に吸盤が張り付く事があるそうなので、食べる時には注意が必要です。
1位 China.png 中国 116,828 t
2位 Morocco.png モロッコ 57,987 t
3位 Japan.png 日本 33,400 t
4位 Mexico.png メキシコ 24,847 t
5位 Mauritania.png モーリタニア 24,266 t
6位 South-Korea.png 韓国 16,689 t
7位 Spain.png スペイン 12,075 t
8位 Portugal.png ポルトガル 11,750 t
9位 Indonesia.png インドネシア 9,998 t
10位 Thailand.png タイ 8,771 t
出典: FAO
◆◆◆◆ こちらの記事もご覧下さい! ◆◆◆◆
∴ 世界のマグロ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のサンマ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のカツオ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のイカ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のエビ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のウニ・ナマコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のフグ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のウナギ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のマグロ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のウナギ(養殖)の水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のウナギ(天然)の水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のシジミ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のイカ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のタコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のサンマ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のカキ(牡蠣)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のカツオ水揚げ量ベスト10 ∴
posted by なんでもベスト10 at 04:20 | TrackBack(0) | 世界 | 更新情報をチェックする

2015年10月09日

世界のイカ水揚げ量ベスト10

2013年の世界のイカの水揚げ量ベスト10をご紹介します!  和食や中華料理には欠かせないイカは、その見た目や食感から敬遠する欧米人が少なくありません。また、ユダヤ教やキリスト教の一部宗派では「鱗とヒレのない魚は食べてはならない」という戒律があるため、食べる事はできないそうです。日本語ではイカと一括りにしますが、英語では甲イカの類は「cuttlefish」、ヤリイカやスルメイカの類は「squid」と呼び分けています。また、甲イカの墨を顔料として使用していましたが、甲イカをギリシャ語でセピアと呼んでいたことから黒褐色の事をセピア色と言うようになりました。
イカの水揚げ量第1位は中国で、世界の水揚げ量のおよそ28%を占めています。中国でも漢字では烏賊と書きますが、甲イカは墨魚と表記します。第5位のアルゼンチンは、アルゼンチンマツイカの産地として有名で、アルゼンチンで水揚げされるイカの99%がマツイカです。以前は日本からもイカ釣り漁船が漁に出向いていましたが、現在は冷凍で多数輸入されています。
1位 China.png 中国 916,104 t
2位 Peru.png ペルー 467,672 t
3位 South-Korea.png 韓国 264,798 t
4位 Japan.png 日本 221,711 t
5位 Argentina.png アルゼンチン 191,838 t
6位 Indonesia.png インドネシア 159,330 t
7位 Taiwan.png 台湾 130,296 t
8位 United-States.png アメリカ 120,001 t
9位 Thailand.png タイ 115,940 t
10位 Chile.png チリ 106,286 t
出典: FAO
◆◆◆◆ こちらの記事もご覧下さい! ◆◆◆◆
∴ 世界のマグロ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のサンマ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のカツオ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のタコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のエビ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のウニ・ナマコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のウナギ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のフグ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のマグロ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のウナギ(養殖)の水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のウナギ(天然)の水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のシジミ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のイカ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のタコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のサンマ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のカキ(牡蠣)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のカツオ水揚げ量ベスト10 ∴
posted by なんでもベスト10 at 03:51 | TrackBack(0) | 世界 | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

世界のカツオ水揚げ量ベスト10

2013年の世界のカツオの水揚げ量ベスト10をご紹介します!  日本では生で食べる機会の多いカツオですが、海外ではツナ缶としてマグロの代用にされる事が多い魚です。英語でも「skipjack tuna」と言われ、マグロの一種と認識されています。
カツオの水揚げ量第1位はインドネシアで、2006年にそれまで長年首位だった日本を追い越しました。カツオを燻製にしたチャカラン・フフは、スラウェシ島北部に住むミナハサ族伝統の保存食です。10位のモルジブはインドの南に位置する小さな島々から成り、世界で最も魚介類を食べる国です。また、面積が狭い事から牧畜が盛んではないため、カツオはカレーの具材として欠かすことはできません。モルジブでは日本の鰹節(カビ付けをしない荒節)と似たような「モルジブフィッシュ」が14世紀頃から作られていて、今では日本に鰹節を輸出しています。
1位 Indonesia.png インドネシア 447,276 t
2位 Japan.png 日本 270,054 t
3位 United-States.png アメリカ 231,189 t
4位 Philippines.png フィリピン 212,230 t
5位 South-Korea.png 韓国 201,586 t
6位 Ecuador.png エクアドル 198,656 t
7位 Spain.png スペイン 196,999 t
8位 Taiwan.png 台湾 193,441 t
9位 Papua-New-Guinea.png パプアニューギニア 135,429 t
10位 Maldives.png モルジブ 74,421 t
出典: FAO
◆◆◆◆ こちらの記事もご覧下さい! ◆◆◆◆
∴ 世界のマグロ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のサンマ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のイカ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のタコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のエビ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のウニ・ナマコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のフグ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のウナギ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のマグロ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のウナギ(養殖)の水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のウナギ(天然)の水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のシジミ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のイカ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のタコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のサンマ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のカキ(牡蠣)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のカツオ水揚げ量ベスト10 ∴
posted by なんでもベスト10 at 03:14 | TrackBack(0) | 世界 | 更新情報をチェックする

2015年10月06日

世界のサンマ水揚げ量ベスト10

2013年の世界のサンマの水揚げ量ベスト10(ベスト8)をご紹介します!  サンマ科のサンマ(日本近海で獲れるサンマ)と、大西洋で獲れるニシサンマ、ハシナガサンマの3種類の水揚げ量です。サンマの統計を取っている国が漁獲量ゼロの国を除いて8ヶ国しかないため、全ての国を挙げています。
サンマの水揚げ量第1位は台湾で、2013年に初めて日本を追い越しました。台湾では日本食ブームのおかげでサンマの消費量が近年激増しており、高雄のファミリーマートではサンマ弁当も登場しています。日本で用いられるようになった漢字の「秋刀魚」が台湾でも使われています。日本に回遊する前の脂ののっていないサンマを獲る事も多く、また船上で冷凍されるため、味は日本のサンマよりは劣るようです。日本は中型漁船で捕獲する一方、台湾は大型漁船で大量に捕獲しており、資源管理の観点から今後漁獲枠の設置が検討されています。第4位の韓国では、缶詰がよく食べられています。日本ではかば焼きの缶詰が多いですが、韓国では塩で煮た物や、キムチチゲ用に下味の付いた缶詰も売られています。
1位 Taiwan.png 台湾 182,619 t
2位 Japan.png 日本 149,200 t
3位 Russia.png ロシア 47,212 t
4位 South-Korea.png 韓国 23,355 t
5位 Chile.png チリ 8,094 t
6位 Spain.png スペイン 449 t
7位 Ecuador.png エクアドル 3 t
8位 Portugal.png ポルトガル 1 t
出典: FAO
◆◆◆◆ こちらの記事もご覧下さい! ◆◆◆◆
∴ 日本のサンマ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のマグロ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のカツオ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のイカ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のタコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のフグ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のエビ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のウニ・ナマコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のウナギ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のマグロ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のウナギ(養殖)の水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のウナギ(天然)の水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のシジミ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のイカ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のタコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のカキ(牡蠣)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のカツオ水揚げ量ベスト10 ∴
posted by なんでもベスト10 at 02:40 | TrackBack(0) | 世界 | 更新情報をチェックする

2015年10月02日

日本のカツオ水揚げ量ベスト10

2014年の日本のカツオ水揚げ量ベスト10をご紹介します!  カツオは身が「堅い魚」の「カタウオ」が転じてカツオと呼ばれるようになったといい、漢字では魚偏に堅いと書きます。春のカツオは「初鰹」、秋のカツオは「戻り鰹」と言われ、特に戻り鰹は脂がのっているためトロ鰹として販売するお店もあります。
カツオの水揚げ日本一は、静岡県です。焼津市は国内有数のカツオの水揚げ港で、昔ながらの製法で作った「焼津鰹節」が有名です。また西伊豆町では、塩蔵カツオを干した「しおかつお」が古くから製造されており、お茶漬けやうどんにとてもよく合います。カツオと言えば高知と思う方が多いと思いますが、水揚げ量は第4位に留まっています。一本釣りが有名ですが、実は一本釣りカツオの漁獲量日本一は宮崎県です。カツオのたたきは高知発祥とされ、カツオと人間を合わせたゆるキャラ「カツオ人間」は、キモかわいいと密かな人気になったいるそうです。
1位 静岡県 83,600 t
2位 三重県 30,200 t
3位 東京都 28,700 t
4位 高知県 21,600 t
5位 宮城県 17,800 t
6位 鹿児島県 13,900 t
7位 宮崎県 13,800 t
8位 新潟県 11,100 t
9位 長崎県 10,500 t
10位 鳥取県 8,300 t
出典: 農水省
◆◆◆◆ こちらの記事もご覧下さい! ◆◆◆◆
∴ 世界のマグロ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のサンマ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のカツオ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のイカ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のタコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のエビ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のウニ・ナマコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のウナギ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 世界のフグ(天然)水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のマグロ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のウナギ(養殖)の水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のウナギ(天然)の水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のシジミ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のイカ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のタコ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のサンマ水揚げ量ベスト10 ∴
∴ 日本のカキ(牡蠣)水揚げ量ベスト10 ∴
posted by なんでもベスト10 at 02:44 | TrackBack(0) | ║  ╠═ 日本 | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

難民受け入れ数の多い国ベスト10

2013年の難民受け入れ数の多い国ベスト10をご紹介します!  紛争や政治弾圧などを理由に、祖国を追われる難民問題は、年を追うごとに大きくなっています。近年ではベトナムのボートピープルやルワンダ内戦、ミャンマー軍政による弾圧、イスラム国問題などで、多くの難民が発生していており、2013年における難民の総数は5000万人以上と言われています。
こうした中、多くの国では政府が難民認定をし、正式な居住許可を与えています。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR) によると、2013年には約21万人が各国政府により難民として認定されました(日本政府による認定は7人)。受け入れのトップはアメリカで、毎年多くの難民を各地から受け入れています。第2位のマレーシアは、2000年代に入って多くのロヒンギャと呼ばれるミャンマーからの難民を受け入れています。ロヒンギャはイスラム教を信仰し、バングラデシュとの国境付近に多く住んでいますが、1982年に国籍を取り上げられるなど政府から弾圧を受けています。
1位 United-States.png アメリカ 21,171 人
2位 Malaysia.png マレーシア 14,495 人
3位 Rwanda.png ルワンダ 14,266 人
4位 Turkey.png トルコ 14,160 人
5位 Uganda.png ウガンダ 11,112 人
6位 Germany.png ドイツ 10,915 人
7位 United-Kingdom.png イギリス 9,602 人
8位 France.png フランス 9,099 人
9位 Canada.png カナダ 7,817 人
10位 Sweden.png スウェーデン 7,646 人
出典: UNHCR
ラベル:世界
posted by なんでもベスト10 at 03:06 | TrackBack(0) | 世界 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。